想念の観察

ヨガをしてると、「瞑想」という言葉もなじみが深いけれど、瞑想をしているとき、心の中はどういう状態なのか?という問いに対して、ずっと「無」であることなんだと我流の解釈をしていた。そして、瞑想している間、一所懸命に「無」であろう事を意識している自分に今更ながら気が付いた。

無であろうと思うことは、既に無ではないし、瞑想とも違う、と思う。ではどういう状態が「瞑想」なのか。分かるところから考えて「無」の逆は何かな?と思うと、やっぱり「念」なのかなと。

意識して念じることは、完全に無とはかけ離れているが、でも意識しなくても念ともいえる想念のようなものが流れているなあと気が付いた。では、「想念」の定義は何だろうと、ググったら、こういうサイトを見つけた。このサイトにある内容は、自分にとって目から鱗の概念だったんだけど、読んでいてなるほどと色々納得できた。

この中に、想念の内容について、「観察は行うが、それについて一切判断しない。」というような文言が出てくるのだけど、この言葉は、以前IYCリトリートで出会ったヨギが、「物事を観察してもいいが、ジャッジはしない」と言っていた言葉とも重なり、私は、想念の観察が「瞑想」なのではないのかと、やっと気が付いた。

面白いのは、自分の頭の中を流れている想念は、自分が生み出しているものではないということ。以前集合的無意識について、のみさんに習ったことを、ちょびっとブログに書いたことがあるんだけど、これは、顕在意識ではなく、潜在意識に措いて、実は自分と他人は繋がっているという話。

この自分と他人が繋がっている集合的無意識が海のように繫がり、地球レベルの総意となるという考えだったような気がする。

この集合的無意識で色んな意識と自分の意識が繋がっているとしたら、想念としてテレビ番組のように頭の中に色んな念が始終流れてくるということは、理解できるような気がする。

先ほどのサイトにもあるけれども、このいちいち流れてくる想念を自分自身と切り離し、観察し、自分が同意できるなという想念を選び、行動する。こうして一歩引きながら想念を観察する習慣が出来れば、もっと冷静で適切な行動に繋がっていくのではないかと思うし、汚い想念が流れてきても、自分自身の考えではなく、ただ番組が流れているだけだと思えば、そのまま流してしまえばいい、という風になる。

汚いもの、悪を排除しようと躍起になっても、流れるものは流れる。それを第三者として受け流し現象化しなければ良いのだいう考えはとても面白いなと思った。

想念は、自分が意識せずとも、とめどなく勝手に流れているもので、その流れを止めることはできないし、無理にとめようと思うのもまた想念。そういうものをいちいち受け流していくことが、想念を観察することであり、瞑想なのかなという風に思ったりします。

| | コメント (0)

風邪なんだろう

花粉症なのか?風邪なのか?いや風邪だろう。というような状態がずっと続いていたのだけど、今日になりやっぱり風邪だと確信して、会社休んだりした。だって雨なのに鼻水がズルズルで、喉も腫れてる感じだから普通に風邪だろう。微熱もあるし、咳も出る。

花粉症も持ってるけど、家に閉じこもってたおかげで、ヘンなクシャミは無かった。鼻は壊れているので鼻水もすごいです。

あー何を書いているのか良くわかりません。

明日こそは会社に行くぞ!と思っていたけど、明日も正直しんどい。行きたくないーー。机の上の書類の山積み具合と、メールのパンパン具合を思うと、躊躇するわ。ああ~。地味にジタバタしております。

それでいて冷蔵庫の中も大分貧相になってきた。スーパーに買い物にいくのも面倒なのに、最後の卵すらなくなる。納豆もなくなる。米はある。今日はお茶漬けしか食べてませんでした。

外に出ないと食糧も調達できないジレンマ。でも外も行きたくない。花粉も飛んでるしねえ。

誰かヘルパーさんが一式何か買ってきてくれないか?(ヘルパーさんなんて居ません)

そうそう、うどん誰か作ってくれないかね~。うどん作ってくれたら、もれなく・・・おそらく何も出ませんが・・・うどんを誰か~。すみません。でもうどんが食べたかった。麺はあるけど、具がない。それだけ。

モチベーションとテンションが高いんだか低いんだか分かりません。どっちかっていうと低いですね。

あー明日どうしようかなー。休みたいなー。でも鼻の奥と喉は腫れてるんだよね。あと数時間で良くなる気がしないんだよね。

毎年冬はあまり風邪をひかないのに、春になると体調を崩す私。

| | コメント (0)

大根あめ

Pic_0440  うちの旦那さんが、仕事帰りの通勤電車で風邪をもらってきた。

「目の前で、咳をゴホゴホやってるんだもん」という旦那に、「えー。それだったら場所移ればよかったのに。」と言ってみたものの、電車が混んでいて身動き取れなかったらしい。そして、そのウイルスを一身に集め、そのまま風邪をひいてしまった。

 日曜日は38度の熱が出て、熱が出た、熱が出た。と焦っていたら、本人曰く「喉の方がつらい」とのこと。お医者さんに連れて行って診てもらったら、喉が全体に腫れ上がっている為に頭もガンガンするし、水も飲み込むのすら痛いのでしょう、とのこと。治るまでに1週間掛かるんだって。長!

 風邪と痛みに弱い旦那は涙目で、身動きしないで横になり本当につらそうである。

 たかが喉痛(生理痛のほうが厳しいと私は思う)されど喉痛。

 はたと、大根あめを舐めたら治りが早いのではないのかと思い立った。子供の頃に喉が痛い時、母親が作ってくれたやつ。

 母親に電話しても繋がらなかったので、ネットで検索したら結構出てきたよ。病気の時のインターネットって素晴らしい&心強い。

 そこでスーパーで大根をイソイソ買ってきて、書いてある通りに、小さく刻み、ひたひたまで蜂蜜を入れて2時間。トローンとしてた蜂蜜もサラサラになり大根あめが出来上がりました。うん、子供の頃に飲まされたのと同じような味。

 これなら大丈夫と、旦那に少し飲んでもらいました。相変わらず飲み込む時は、つらそうな顔をしているのだけど、効いてるのかしら。何も語らないから分からないけど。効いている筈よ!!

 熱は下がったのだけど、喉が痛あい・・・と死にそうな旦那を見ていると。夏風邪は気をつけないといけないわと改めて思うのだった。はっ。伝染らないように気をつけないと。

| | コメント (46) | トラックバック (0)

靴ズレ

 新しい靴を買った。先が三角に尖がって、5センチぐらいのヒールのやつ。結構可愛いと思って気にいり、ウキウキしながら試着。

 ただその時、後ろのストラップが若干緩いのでは?ということで、普段よりも5mm小さい靴を薦められ、試し履きしながらウロウロしてみて、「うん!これなら大丈夫」と思って買ったのに。

 案の定、靴ズレしました。( ̄д ̄||| 

 幸か不幸か、右足だけが靴ヅレ。足の大きさ違うのか?

 結局痛い方の靴の踵を上から潰して、カパカパになった状態で歩きづらいながら歩き回り、やっと帰宅したよ。余計なところ筋肉使っちゃって、ありえないところが筋肉痛中である。

 さらに、靴ヅレを起こしているときは、痛いな~と思っているぐらいだったけど、ヨガの練習してみてわかった。シッティングの時、痛くて踵を普通に床に置けないことに!

 だから微妙に爪先を向こうに伸ばした格好で練習したんだけど、ああやりづらいよ~。

 最近あまり靴ヅレを起こさなかったので、考えた事なかったけど、靴ズレってヨギニにとって、辛いもんですな。

 それにしてもあの靴、お直しだせるのだろうか・・・?少し大きくなるのだろうか。相談してみよう・・ (ーー;)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

漢方の効果?!

 10日ぐらい前から、NIHONDOの漢方薬を服用しています。

 カウンセリングしてもらった結果、私の体は冷えが酷いことから、生理痛をはじめ、便秘だとか色々な症状を引き起こしているとの事、まず身体を温める作用を持つ薬にしましょうということになって、五積散を処方されたのだ。

 五積散については、このサイトに詳しく載っているんだけど、18種類だったかな。とにかくたくさんの薬草が盛り込まれているから、お互いに毒性を打ち消しあって副作用も少ないと聞いて少し安心。味は、正直不味いけど、「良薬口に苦し」とも言うし、早く慣れることを祈りつつ、朝昼晩飲んでいるよ。

 週末はやかんで30分煮出して飲む、煎じ薬、平日は時間ないので、粉末にしてもらったものを水で飲んでます。

 漢方薬は、効果がある順でいうと、煎じ薬→粉末→錠剤 なんだそう。そして錠剤となると薬の種類が結構限られてしまうのだそうだよ。

 だから上のような感じにしたの。

 あと私は、漢方処方だから安心だろうという理由で、便秘解消にコッコアポを服用し、そのおかげで快腸だったのだけど、コッコアポは身体を冷して便を出すようになっているので、身体の冷えが気になる人はあまり飲まないほうが・・・とのことでした。へー。

 でも、五積散と併用して飲んでも副作用はないそうだけど。

 それに加えて、「気巡茶」という、NIHONDOのお茶も飲んだりしてます。ちょっと高級なお茶。頑張って買った。コカコーラとNIHONDOが提携してコンビニでも売っている、「からだ巡茶」のスペシャル版みたいなお茶だそう。お店の人曰く、こちらの方が断然よいということなので、飲みはじめた。普通に美味しい。

 冷えた身体を温め、かつ身体の巡りもよくすることで、体質改善が図れるのではないか?とのことだったの。だけど、まあ飲まないよりは飲んでいるほうが良いのかな?なんていうぐらいだったのに、お月様を迎えて驚いた。

 先月はかなり重くて5時間以上布団の上でのたうちまわっているような有様だったのに、今月は(少しは痛みもあるけど)寝込むほどではなく、会社で普通に仕事が出来たのだよね。

 身体が温まっていたのかな。こんなに早く効果が現れるなんて、恐るべし漢方。漢方LOVE。

 でも続けないと効果がないから続けていくけど、NIHONDOでまともに買うとちょっと高くつくのが難点。保険適用できるところで、もっと安く入手したいものである。あ、そうそうお店の人は漢方は一生飲まなきゃいけないなんてものではなく、完全に体質改善が図れたら、やめてもいいのですよ、なんてことも言っていた。完全に~をどこで見極めたらいいのか難しいところだが、一生飲まなくてもいいというのはいいね。

 あと、お茶についてなんだけど、「暖宮茶」を飲むと身体が芯から温まるらしいので、入手したいところだよ。ちなみに、新宿京王8Fにあるカフェで飲んだら、バラとかクコの実が入った見た目にも麗しいお茶で味もよかったので、こちらは今度買いに行きたいな。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ヒプノセラピー2

  エントリーのたびにお久しぶりね、でしたが、今回2週間空いてしまいました。

 ブログ始めてから多分一番長く空いた期間だったので、随分離れてしまったような、何だか自分のブログに近寄るのすら怖いような、そんな気がしてました。

 アシュタンガからも離れていました。

 合宿を間近にしてこんな状態で大丈夫?とも思いながらも、何となく身体が動かないからしょうがないなあって思っていた。

 ブログからもアシュタンガからも、少しの期間離れていたらやっぱり恋しくなって戻ってきた(笑)

 疲労が蓄積して気力がないので、ヨガ自体には正直まだ身が入らない。

 本当にやりたいと自然に思えるまで待つことにする。とはいえ合宿前までには、何度かプライマリー練習しないとついていけないような気もするが・・・。

 ヨガをちゃんとやっていた時と違う意味で、心と身体は連動しているなあと思う。

 ずっとこういう堂々巡りを繰り返しているうちに、最近ちょっと気分が↓になって止まらないので、今日、またヒプノセラピーに行ってきた。19時半からの予約だったので、仕事も無理やり切り上げて帰っちゃった。

 前回行ったところは、3ヶ月待たないと予約取れないので、別のところにしてみた。個人でされているところなので、ここでは何となく名前を出すのは避けるが、神保町にあるセラピールームです。

 今回は女性のセラピストだったので、前回よりもむしろリラックスして臨めたかも。白いきれいな猫ちゃんもいて、何だかまったり落ち着く感じなのです。

 思っていること、心に溜まっていることを1時間ぐらいかけて問診した後、催眠状態に入り、セッションがはじまった。その間2時間。

 今回は、前回到達しなかった前世療法っていうものをやってもらうことにした。

 前世というものが本当に存在するものなのか?分からないが、自分自身、考え方・行動で生まれ持ったクセというものもあるような気がするので、もともと面白そうだと興味があった。

 最近「オーラの泉」で美和明弘が天草四郎でした、なんて話を聞いたりすると、単純に自分はどんなの?という気持ちもあるし、自分自身からどのようなものが飛び出してくるのか興味があった。ついでに人間だったらいいなーとも思ってた。ははは。

 道端にいた何かの動物でした。とかキャベツでした。とかだとショック。

 食べられたのか、腐ってこの世を終わらせたのか気になってしまうしね。

 問診のとき、どんどん暗い方向に話が行ってしまい(爆)、その気持ちのまま臨んだので、やってみた感じ、本当に前世なのか、自分の想像か妄想なのか良く分からない。

 でも、妄想でも想像でも自分の気持ちから生まれてきたものなら、意味があって今の自分に必要なものだから、大事に受け止めるといいですと先生は仰っていた。

 この先生はレイキも使うらしく、シャバサナ状態で、横に寝かされている時、頭にレイキを送ってくれたりもした。

 taniさんがレイキの話をよくされているけど、触れていないのに、手をかざすだけで何だかハンドパワーのような波動が出ているのをダイレクトに感じてびびった。そしてほんわか温かくなるような感じもあり、ジンワリしてどんどん自分の傷が癒されていくような感じもあった。

 レイキすげー。

 そして自分自身が見た前世。いろんなイメージが浮かんできて、夢を見ているような感じだった。

 最初、前世への扉をイメージをしてあけるのだが、開けて暫くしたらシャバサナで掛け物をしてもらいエアコンも入っていて十分温かい筈なのに、寒くて震えが止まらなくなり、少々びびった。

 寒い・寒いと繰り返し、何が見えますか?で、何も見えず、ただ暗い階段、周りには蝋燭の光があるような感じがし、階段を登っているような気もしていたら、急に明るくなったような感じがしてきて、またびびる。

 そのままイメージし続けると、暗い石の階段を登り、窓の辺りまで来たという感じなのかな?と思った。

 自分自身は、黒髪のロングヘアの、20歳ぐらいの女性の感じがし、サンダルのようなものを履いているような感じがした。でもあまり幸せな感じじゃないんだよね。すごく高いところから大地を見下ろしているような、風にそよいでいるような。

 白っぽいワンピースみたいなものを着ていて、色石のネックレスのようなものをしている。

 窓の外から見上げると、とても大きな城のような感じで、上にはまだ建物が続いている。

 石の床に赤い絨毯。絨毯には細かい模様がされている感じ。

 私は、なんか諦めている感じだし、つまんないという思いを抱えている。

 そうすると、奥から土地の権力者みたいなものが出てきたような感じがして、腕をつかまれ部屋に引きずられて、なんと手篭めにされてしまった。

 この時は、自分の眉間に思いっきり皺が寄り、本気で耐えられないという気持ちが湧いてきた。そんな自分にびびる。

 この感覚は結構リアルな感じがして、ウワーと思ったが、私がイヤーな顔をしているので、セラピストの人が違う場面に移りましょうと言って移った。

 そうしたら、今度は、草の上にいて、目の前には池みたいなものがあり、誰かを待っている。自分は10歳ぐらいになっている。

 父親を待っていて、父親は馬に乗って迎えに来る。この父親の感じが自分の実の父親のような感じがして、懐かしいような、何だか涙が出てしまった。

 それで、家に帰るのだが、家は大きな布を何本かの木でテントみたいな家だった。家なのに布なんだよなー。そこで真ん中に竈があって、そこで鍋をグツグツ言わせて、ご飯をお母さんが作っている。それがとても美味しそうなのだが、何かの肉が入っていて、赤っぽく見える。

 お母さんの顔は良く分からなかった。

 馬が出てきて、布の家が出てきて、石の城のようなものがでてきて、モンゴルなのか、インディアンの世界なのか?トルコのほうなのか?

 分からないけど、こういう世界だったのだ。どこなのか気になる。

 最初の手篭め事件は、政略結婚というか、権力者みたいな人に無理やりつれてこられたようなイメージが浮かんだ。

 親は立派な城なのだから、わがまま言わずに我慢してそこに住みなさいと言い、私は家族のために嫌がりながら泣きながら好きな人がいる気持ちを持ったまま、それでも権力者の子供を沢山産み、子供を生きがいにし、最期は沢山の子供に囲まれながら死ぬというような内容だった。

 若い時、好きな人と夜暗い道で待ち合わせしているシーンも出てきた。その人は現世でも知っている人のような気がしたが、よく分からなかったが、少しドキドキしていた。

 そして、もっと自分に正直に勇気をだして生きれば、あるいは、自分の好きな人生を送るために生活を捨てて逃げれば、もっと一生が違っていたかもしれないのに、とも思っていた。だけど子供には恵まれて、子供のことは愛し、そこそこ恵まれた生活が送れたから、この人生これでよかったのかもしれない、と言い聞かせている感じもした。

 でも旦那さんのイメージが全然出てこなかった。自分の今の旦那さんじゃないような気もしたし。誰だったのだろうか?

 よく、前世での結婚相手は誰々でした、って明確に答えている体験談があったりするが、自分の場合、すべてにおいて、ボヤーっとモヤが掛かっていて良く分からなかった。

 と、夢をみたような感じだったが、これが前世だったのか。そしてどこの国だったのかもわからん。

 自分の勝手な想像だったような気もするが、何だか自分の内面を長時間探っていたから少ししんどかったかな。

 もう一度セッションを受けると、もっと明確なイメージが浮かぶのかしら。

 キーワードは、勇気と行動でした。

 確かに今の自分にはどちらも足りない。

 という感想である。

| | コメント (138) | トラックバック (0)