« 想念の観察 | トップページ | 懐かしき素晴らしき、MONDO GROSSO »

スコーピオン無理

今日もmellowbeauteの、ケンゴ先生のハタヴィンヤサに出てきました。
アシュタンガ寄りなので、自分に馴染むクラス。人数が少ないのも良い!

今日は、しょっぱなで「ヘッドスタンド出来ますか?今日はヘッドスタンドをやってみようと思います」なんて来たので、久しぶりなんだよなーと思いながらも、「い、一応・・・」といっぱいいっぱいの私。大丈夫かなーと不安。

このクラスの流れにもほんの少し慣れて、筋肉が使いきれなくてツライ時期は越えたらしく、やっと気持ちよく体が動くようになってきたし、アシュタンガには無い動きもあるので、全身満遍なく使っているような感じ。はあーヨガはいいね。なんて思っているうちに、ついに久し振りのヘッドスタンドに。

やってみたところ、何とか出来たし、キープも思ったより長い時間出来たので、ほっとしたのも束の間、次は「スコーピオン出来ますか?」と聞かれた。

で、できるわけないじゃん!だってセカンドで出てくるやつでしょ?(画像は足を前方に下ろす前の状態だけど)
かつて、デヴィット・スウェンソンのWSでも練習してみて、ずるずる下に崩れ落ちた、インヴァージョン系で習った中で、一番ありえないアサナ。しかもデヴィットのときは、まだコンスタントに練習を重ねてた時期。今はおなかタプタプの超リハビリ期間なんですから!

ケンゴ先生が見本を示してくれたんだけど、ヘッドスタンドで頭を抑えている両手を床につけて、そのまま頭を上げて、足が頭のほうに降りていきました。
スコーピオンの完成です・・・。すげーという気持ちと裏腹に微妙にブルーな気持ちに。だって無理だもん。

取り合えず、ヘッドスタンドにて頭を抑えている両手を床につけるところからやりましょうと言われ、おそるおそるやってみたが、恐ろしくて完全に手を頭から離せない。腕の内側は頭に沿わせたまま、床に手をついてみたが、怖くて怖くて、「怖いです」と言って下に降りてしまった。

今度は壁のほうにマットをズリズリ持って行き、そこでヘッドスタンド。それから恐る恐る手を離してみたら、さっきよりかは怖くないので、頭から手が離れた。でもやっぱり怖い。だって腕の力が全然ないんですもん。

なんてウジウジしてたら「壁に背中をつけて座った状態で位置する踵の辺りに頭を立て、そこでL字型になり壁に足をつける練習をするといい」とアドバイスされた。それをすることで、腕に必要な筋力が養われるらしいです。

まずは、頭から手を離す練習からやりましょうね。と言われ、「はい」と言ってしまったので、取り合えず練習してみようかと思うけれども、出来るようになるのかな。まだ思えないんですが・・・。

ケンゴ先生曰く、「僕のクラスの人は、肘にカサブタ作りながら皆出来るようになりますよ」とのことだったので、筋力がつき、バランスを覚えたら出来るようになるのかな・・・。

かさぶたが出来るっていうことは、肘が何回か剥けるってことだよね。ひー。

|

« 想念の観察 | トップページ | 懐かしき素晴らしき、MONDO GROSSO »

ハタヴィンヤサヨガ」カテゴリの記事

コメント

■Jinさん
はじめまして。スコーピオンを練習しているのつもり・・というのは、足を降ろさないバージョンでは形を作れるということでしょうか。すげ~~。
バックベンドで足首をつかめますかと聞かれるぐらいだと、相当背骨柔らかいですね。
私は絶対とどかないのは目に見えてるので、聞かれたことないです(笑)
私もヨガ初級者、一緒にこれからも頑張りましょ~~!

投稿: hatti | 2008.04.20 18:17

僕もスコーピオンsign01を練習しているのつもりだったのですが、じつはその前の段階だったのが最近わかりました。どうりで先生がバックベンドで足首をつかめますかなんて逆に質問を受けるはずですcoldsweats02sign01
まだまだまだまだヨガ初級者ですsign01
ナマステ

投稿: Jin | 2008.04.20 09:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想念の観察 | トップページ | 懐かしき素晴らしき、MONDO GROSSO »