« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

漢方とヨガと汗と

 薬膳の入門コースから基礎コースに突入。昨日クラスを受けてきましたが、昨日で良く出てきた話は「汗」についてです。何故この秋に「汗」なのかというと、基礎クラスに入ってからは季節の順番を追って授業をしていて、昨日がたまたま「夏」だったから。

 夏。私のもっとも苦手な季節ですが、ヨガをやりだしてから許せるようになりました。なぜならヨガの練習をすると、汗が大量に出て練習したような気になって自己満足に浸れるし、毒素を大量に排出しているような気にもなるからです。だから汗をかける夏が少しだけ好きになり、許してやってもいっか。と偉そうに思ったりするわけです。

 ヨガ、しかもアシュタンガヨガを練習する人は、汗をかく機会が多いし、多いから汗腺も開いて、より多く出てくるようになってきます。私も以前、肩の汗腺が開いて「ありえないところから発汗している!」と鼻息荒く興奮したもんです。

 汗の量に興奮するのは、ヨギニ共通だからか、スタジオで、すれ違い様にお友達に会うと、挨拶代わりに「今日は汗がすごかったよ!」という会話も展開されたりするもんですが、昨日の授業で「汗」について講義を受けて、ヨガをしている人だからこそ、気をつけたほうがよい事項っていうのがあるんじゃないの?って思ったわけです。

 運動抜きにしたら、本来汗というのは夏、暑いときにかくものです。暑さは漢方的には「暑邪」といって、体の不調を招く自然界の気です。因みに湿気からくる邪気は、「湿邪」といいますが、過度にあたると体は消耗します。

 暑邪にあたると暑いので、体は汗をかきます。汗をかく行為というのは内側から外側に「津液」と呼ばれる体の水分を外に出すわけだから、体の内部のエネルギーを使っているわけです。そのエネルギーは「気」と「血」。気は元気の気とか、気力の気の意味にも使われる、生命エネルギー。

 血液は津液をどんどん外に出してしまうと、体の水分を保つ為に、一所懸命自分の水分を津液に廻していきます。だからそれがドロドロ血にも繋がっていくし、気も消耗して、汗を大量にかくということは、体を大きく消耗させることになるわけです。

 血液が足りない状態を「血虚」といいます。その症状になると全身に張り巡らされた血管に血液が行き渡らず、肌や髪の毛もカサカサになってしまうとのこと。それに特に女性は毎月生理があるから、補血効果がある食材をどんどん摂ったほうが良いのです。摂って摂りすぎることも無いんだそう。もし血がドロドロしてきたらまたそれは別の対処方があるので。

 特にアシュタンガをしている女性は、汗をかいて血液も消耗しているケースが多いと思われるから、特に気にして摂る必要があるんじゃないのかな、と思う。

 あと、もし練習中に頭痛がした場合、これは絶対血虚です。脳内の毛細血管に血液が上手く回らないことで栄養不足になり頭痛になるんだとか。

 因みに脱水症状で起こる痙攣も同じで、血液の巡りが悪いのが原因なので、電解質の水分を摂るとか言いますよね。

 だから、ヨガでも頭痛がしたら、無理してやらないで水分摂って休むべきなんだと思った。私は貧血気味だからか、頭が痛くなることがたまにあったので、なるほどと思ったよ。

 あと汗をかくと、気も消耗しますが気が足りない状態は「気虚」といいます。気虚になると、やる気がなくなってきたり、朝起きられない等の症状が出てきます。だから気を補う補気作用のあるものを摂らないでいると、引きこもりの原因になったりもする。

 やる気がないというと悪いイメージだけど、体は、気を使うと(極端な話)死んでしまう可能性があるから、今は休みなさいと言っている、ということらしい。

 ヨガを一所懸命やっていても、たまに虫生にやりたくない気持ちになる場合(自分はだけど)は、もしかしたら気を使いすぎて、気虚になっているのかもしれない。気虚になっているんだったら、無理にヨガをすることもないし、むしろ消耗しているから今日は休もうという気持ちで休んだほうが良いんだろうなと思う。

 ていうか、私はいろんな症状を鑑みると、気虚の症状が強く出ている。会社で消耗しているからヨガまで気を回せないのかもしれない。勿論、気を生み出せていけばいいのだろうけど。

 ということから、汗を大量にかくと体の中がスカスカになってくるわけです。汗をかくのは気持ちが良い事だけど、体を消耗させたままにしておくと、体自体がもたないのじゃないのかと思ったりします。

 ちなみに「湿邪」は湿気からくる邪気です。湿邪からは、漢方的には「脾」にあたる、胃腸とかの代謝の部分に影響を与えます。湿気が多いと、腹部に水分が溜まったりして水毒にもなるんですが、この症状が強くでると、やっぱりだるくなったり、沈んだ気持ちになったりするんだそう。

 湿邪の影響を受けている人は、寝る時に体を「く」の字に折り曲げて寝る傾向があるそうです。子供は脾が弱いので、折り曲げないと眠れない子が多いらしいです。

 日本は海に囲まれているから、湿邪の影響を受けやすく脾にダメージが来易いみたいなんですが、日本の食習慣も脾を悪化させる要因が多いらしい。 例えば冷たいビールに、体を冷やすお造り。これも脾に悪い影響を与えまくります。自分がしょっちゅうやっている組み合わせだけに、寂しい気持ちですが、あまりやらないほうが良いらしい。

 冷たい水。暑い時はグビグビ飲みたいけれど、胃は38度ぐらいあり普通の体温より高い温度を持っているので、冷たいものを取り込むと消化できず、溜まってしまうらしい。暑い!体が水を欲している!と思っても、胃で止まってしまうから全身に水が行き渡らない。

 だからヨガで暑くなった体に冷たい水はダメだとよく言われるが成る程、だから常温の水とか白湯が良いんですね。腑に落ちました。

 そうそう、夏は補血作用があるプルーンやレーズンのドライフルーツを水分と一緒に摂るのが良いらしい。ドライフルーツは持ち歩けるから、最近常備するようにしたよ。

  ヨガをしている人は汗をかく機会が多いので、体の内部を消耗させないように補気作用と補血作用があるものを人一倍とる必要があるということと、冷たい水の体への害です。いかがでしたでしょうか。結構私的には目から鱗な話なので、シェアしたいと思いました。

 因みに補血作用があるのは、豚レバー、ニンジン、ほうれん草、黒ゴマ、黒キクラゲ、ライチ、イカ等。

 例えば、貧血気味の人、血虚の人が、パスタを選ぶ時に、トマトパスタとイカパスタで迷ったら、イカのパスタにしよう。とか選んだりすると血を補えますので、そういうちょっとしたところで健康に結びつくんだと思います。

 補気作用があるのは、主食になっているような、白米、玄米、小麦、大麦、じゃがいも等。先にも出たパスタなんかは小麦由来なので、補気作用があります。

 また、津液を補う食物は、トマト、マンゴー、ライチ、スイカ等。夏の食材が多いですが、ライチは補血作用もあるので、ライチは自分自身でも意識して食べたいなーと思います。因みに楊貴妃はライチ好きだったと有名ですが、ライチは水分も血も補ってくれるからお肌に良いっていうのも頷けますよね。皆で血も気も津も補えると良いですね!

 と受け売りの内容をツラツラと書いてみましたが、どんなものでしょうか。漢方は結構真面目に勉強しているので、ヨガをする上で参考になると嬉しいです。

 一所懸命書いたから、YOGAYOMUに載せてくれないかな(笑)なんてねーー。

| | コメント (699) | トラックバック (1)

神様からのセルジュ

Photo_13  大好きなアクセサリー、SERGE THORAVALのネックレスを買いました。ここのコレクションは3つ目。

 セルジュのコレクションは、全て作家のメッセージが刻まれているせいか、偶然手に取った作品には、何か意味があるような、今の自分に必要な言葉を与えてくれる気がするので、毎回直感でいいなと思ったものを買うようにしています。ただ今回はネックレスが欲しいということだけ決まっていたので、後は形を選ぶだけでした。

 そして、いざお店に行ったら、一目惚れでした。漠然と鍵の形のトップのロングネックレスが欲しいと思っていたのだけど、合わせてみても、しっくり来るのはこちら。全然迷いもせず、もう即買いでした。

 ドーナツみたいな形の輪っかに、チェーンが通されたこのデザインは、今回初めて見かけた珍しいものだし、すぐに気に入ったってのもあるのですが、そうなると気になるのは、今回私にくPhoto_14れるメッセージです。何て書いてあるんだろう?と手にしたら、なんと「LUCKY」。

 ”幸運”でした。

 大抵は、詩になっている事が多いここのコレクション。なんともシンプルな言葉にちょっとビックリしたと同時に、そのメッセージの深遠さに、驚いてしまいました。今は本当に運が欲しい時。今回のネックレスからのメッセージは、神様から降りてきたメッセージなんだと感じてしまいました。

 そして、今回たまたまあったという事で、私の為に待っててくれたのかしらん、なんてことも思ったりもしてしまいました。

 毎日つけるときに今日も良い事がありますように。と付けると嬉しい気持ちにもなるし、何となくワクワクもしますよね。というわけで今日は早速つけています。  

 因みに、併せてつけているこの指輪もセルジュの指輪です(意味は将来。自分の周りの小さな事を積み重ねていくと将来が変わるよ、とかそんな意味でした)

Photo_15

 この下の写真は、久しぶりに登場のチャイちゃん。昨日、洗面台で写真を撮っていたら、足元をベロベロ舐めてきたところ。

 エクアドル産のバナナ状みたいな形状ですが、お陰様ですっかり元気な姿に戻りました。体重も、750gから1,100gに復活。人間ならありえない回復振り。動物って凄い・・・。

Photo_16

| | コメント (133) | トラックバック (0)

几帳面な男

 三連休は会社に行こうかとも思ったのだが、体がドロドロに疲れて思考が停止していたので、休むことにした。

 久々にのんびり出来たし、沢山寝られたしで、体の疲れが全部抜けて大分今日はラクチンです。

 と、のんびりはしていたのですが、三連休は家のグシャグシャになっている写真やら取扱説明書やらを整理することになりました。というかしました。非常に整理整頓好きの旦那の指令です。

 「ここにある写真さー、何とかしようよ。これだと折角撮った写真も後で見返せなくて勿体無いじゃん.。それに無くしちゃうのも嫌だし。」

 「この伝票は何?何でこんなのいつまでも取ってるの?後で見るの?」

 ごもっとも。ハイ。すいません、見て見ぬフリしてました。臭いものに蓋してました。

あっ、その古い伝票、見ないです・・。だけどシュレッダーに掛けなくちゃいけないようなやつだし、一枚一枚破るのも大変だし、これは後で・・・・・。

 と、まず会社関係、旦那と行った旅行・結納・結婚式の写真関係、私が会社の友達と行った海外旅行の写真とに分類。もうここまでで疲れました。休んでいいですか?

 「ダメです。はい!はい!まだ頑張ろうね」

 ・・・・・・(ーー;)

 そうこうして、分類が済んだ後、旦那は何を思ったのか、数を数えている。大きさごと、テーマ毎に分類された写真の枚数を携帯のメモ機能を使って打ち込んでいるのだ。

 わが夫ながらマメな男。

 そして、一緒に東急ハンズに赴き、枚数と大きさを検証しながら、アルバムを選び、買ってきてから今度はアルバムに移す作業です。

 まず二人が付き合い始めの頃の写真。私は「あーー、懐かしい~、○○君(旦那の名前)若ーーーーーい!この時、○○に行ったねー、あーこの顔笑えるーとと全然手が進まない、完全にダメな人です。

 一方旦那はとっとと入れなさい!と言わんばかりに、ハイ!そんな見てないでどんどん入れる!と渇を入れてきます。もっと一緒に懐かしみたい私は、何となくのつまらなさを感じながら、入れて行くのでした。

 旦那と私の写真を夫々合わせ、付き合いだした直後の写真から、旅行に行くようになり、そして更にまた旅行に行き、気付いたら結納し、新婚旅行迄が一冊の分厚いアルバムに収まりました。

 そうしたら何だか感慨深い。この二人がこうやって付き合って結婚して行ったんだねーという感じです。

 「ほら、それだとちゃんと見る気がするでしょ」ダイモでちゃんとタイトルもつけて、それっぽくなった姿を見ると、悦に入る私。

 他の物も頑張ります!

 と、今度の敵は私の旅行史上、最大枚数を記録したカナダ旅行の写真です。(500枚)しかも何も考えずに全て葉書大で現像している為、入るアルバムが無い為、また買出しです。

 葉書大を収めるものは、一枚一枚貼って、シートでカバーするタイプか、後は文房具の年賀状入れみたいなものになってしまうのですが、面倒なので、年賀状入れみたいなものに入れることにしました。

 それを500枚収納できる分だけせっせと買い、あ、この時に取扱説明書を収納するファイルも買い込み、家で作業。

 カナダの写真は気合の一眼レフカメラで撮ったので、どれも美しい。(自分で言うな)しかもこの時ってのは、帰国子女の友人が第二の故郷のカナダで挙式に立ち会ったのも兼ねている為(式と披露宴が終わった後、カナダ横断の旅をしたのです)、友人の花嫁姿、自分のドレス姿もあったりして、結構素敵な気分に。

 「手が止まってるよ!」

 とまた渇が入り、旦那にも一緒に入れて貰って、気合で入れまくり、バンクーバーからバンフ、そしてやっとナイヤガラフォールズまで辿り付き、やっと500枚収納完了。

 疲れたけど、やっぱりこれも綺麗になりました。今までのやすっちい紙のアルバムがどんどん捨てられていく姿というのは気持ちがいいもんです。

 そしてその勢いで取扱説明書と保証書も一気に入れます。ただまた旦那がチェックし、これは必要なのか?と追求します。いいよ~入れておこうよ、ちゃんと収まっているんだし。という私を尻目に、リストラしたい気分で一杯の旦那です。

 そんな旦那を見ながら、私は妻の座をリストラされないように気をつけようと思ったのでした。

 旦那の整理好きはまだとまりません。私が置いている鞄コーナーも、もの申したい様子。ここさー、鞄掛けを置いて収納しようよ。

 えーー。いいじゃん、こんな風にちゃんと収まっているんだから。

 と言っても、旦那の目は既に遠くを見ており、私の言うことなで聞いていません。

 そして靴箱も足りないから靴入れ、傘立ても場所を取らないようにしよう、と計画。

 まあ、私がこんな適当妻なので、旦那もしっかりしてしまうのかもしれないが、割れ鍋に綴じ蓋で、しっかりしてない人にはしっかりした人が付く(育つ?)んだなあと思った次第でした。

 因みに、私の旦那は何のスーツをいつクリーニングに出したのかも、「分からなくなっちゃうから」まめにメモしています。臭いで判別すれば良いじゃんという私の意見は全然聞いていません。

 メモもちゃんと後で見返しているんだろうなあ~と思うと、すごいなーこんな人が世の中に居るんだと思ったりする。

 でも、床に埃が落ちていたりするのは、全然平気な旦那。私はこれが許せないのですが、人それぞれ、気になるところは違うもんですね。不思議。

| | コメント (107) | トラックバック (0)

不安な気持ち

 あまりブログで弱音とか吐くと心配させてしまうので、書くのも躊躇われるんですが、今日は書いちゃおう。

続きを読む "不安な気持ち"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »