« インド旅行記~4日目~① | トップページ | インド旅行記の途中ですが »

インド旅行記~4日目~②

Imgp3071  次はサール・ナートと書いたけど、その前に色々あったんだっけ。

 今回の旅行、面白かったってことで、記憶をとどめておきたくて、とても細かくかいてる。なのに、お付き合い頂いてありがとうね。

 沐浴見学した後、バーラト・マータ寺院っていうところに行く。ここは仏像とかを祀っているのではなく、なんとご本尊は、大理石で出来た、インド全図の地図である。そしてこの場所も神聖なので、裸足で入る。

 これはガンジーが「国がないところに人はいないのだから、国を守っていかないといけませんよ」という教えを説いたところから来ているようだ。とても立体的で正確な地図だ。そして写真を撮るには10ルピーぐらいだったかな?喜捨しなくてはならない。でもせっかくだから撮ってきたよ。Imgp3077

 その後、一旦ホテルに帰り、朝ごはん。

 朝は、コンチネンタルスタイルでオムレツ、コーンフレーク+ミルクがけ、それにトースト、バター、イチゴジャム、そんで最後はチャイ。

 チャイは、消化を助けるらしいので、食後には必ず飲んでいた。カレーのようなヘビーなものを食べた後も、チャイを飲むと何となく落ち着く感じがしたし、美味しかった。ちゃんと煮沸している感じで安心感もあったし。

 チャイは、インドで一番美味しいと思ったもの。でも飲みすぎたせいか今は飲みたくないかな・・・。カレーはもってのほかだよ。地元にあるサムラートの前なんて、匂いがプンプン漂ってるからついつい避けたくなるよ(苦笑)カレー大好きだったんだけどさ。

 部屋で休憩した後、ちょっと外に出てみようか?という事になり、旦那とホテルから出て歩いていたら、ホテル前で待機していたオートリキシャが数台、「乗らない?」と声を掛けてきた。しつこいなーと思いつつ、暑いから、乗っちゃうほうが楽だよね。と相談し、何となく人がよさそうなおじさんで一番安い条件(駅までいって、ホテルに戻るというコース設定で、二人で40ルピー(120円弱))で良いと言ったおじさんの車に乗ることを決める。

 何度もいいよね?と確認して、「いいよー」との事だったので、よっしゃ。とそのまま乗る。乗ると結構面白い。暑い中、風を切って気持ちがよい。やっぱりリキシャに乗ってよかったね。面白いね。それに運転しているおじさんとの会話も面白かった。おじさんの英語もカタコト、私達の英語もカタコト、カタコト同士だから難しい話にもならなかったから楽しめたのかもしれないけど(笑)

 私達はスニーカーで行ったので、足が暑くなってきており、サンダル屋に連れて行ってもらって値切って購入する。そのとき、このおじさんと私が同じ足のサイズであることが発覚したら、おじさんが「スニーカーくれよ」だって。こんなボロいスニーカーを欲しがるなんて、と複雑な気持ちになるものの、大事なやつだからダメ!って断る。

 このおじさん気のいいおじさんなんだけど、油断すると知り合いのお店に連れて行こうとする。ひょうひょうとして面白い感じをキープしながらも、何気に横道に入っていこうとしたり。どこ行くの?って聞くと「Tシャツ欲しいって言ってたじゃん(言ってない)」って笑っている。まあそれでも、毅然と必要ない!と拒否すれば、あっさり引き下がるのか、「分かったよ」って感じで軌道修正。

  それから予定通り、ヴァラナシ駅に着いたので、駅を道路挟んで写真撮って戻ったら、おじさん、私達がもっと遠くまで写真を撮りにいくんだと思って、車の中のスニーかーが盗まれないように簡易トランクに鍵をかけてくれたりしていた。親切なところもあったのであった。

 ヴァラナシからホテルの方に戻るとき、道路をUターンしなくちゃいけなかった。日本人の感覚なら普通に車線を走り、ほどよいところで右折→Uターンで流れに乗るところが、おじさんなんと、道路を逆走し始めた!こわい!向こうからトラックも走ってきてるよ!おっさん!!うまくすり抜けながら、相手のリキシャ、車に怒鳴りつけながら無理やり対向車の間を縫いながら疾走し、通常車線に入った。ガクガクブルブル。

 他の人もインド人は普通に逆走するって話していたからインド的には普通なのかもしれないが・・・。びびりました・・・・。まあ大都市ではこんなことないと思うのだが・・・。(とはいえ逆走ポイントは駅前)

 その後、旦那と、おじさんとミリンダを飲んで、ホテルの前まで、送ってもらったら、「80ルピーくれ」だってさ。

 40ルピーって交渉したよね?でも、「俺は一人40ルピーって言ったんだよ」って譲らず、しょうがないから80ルピー払ったよ。くそー。やられた。でもまあ、200円ちょっとだからね。しょうがないか。

 これからお昼ご飯。

 カレーがゲッソリしてきたのはこの頃だったので、この日の昼に、インド式と中華式がmixされると聞いて少し喜ぶ。

 インドには華僑が沢山いるので(ていうか中国人どこの国にも絶対いるよね。ジャマイカにもいた)中華料理も結構出るのだが、インド風中華なのでなんともかんとも不思議な味である。

 例えば麻婆豆腐。中に入っているのは豆腐か?チーズか?なんかよく分かんないけど麻婆豆腐というより新しい食べ物って感じである。

 食事の前に必ず出てくるスープも中華風。なんか麺が3~4本チョロンと入っている。間違えて入れちゃったの?こういうやつなの?不思議な分量だ・・・。あとはトマトベースの不思議な食べ物。なんだかエビチリと、酢豚のあいのこなのかな?めんどくさいから混ぜちゃったのかな?そして、メインになる具がないのですが・・・。

 焼きそばとチャーハンは唯一普通っぽかった。

 それにプラスアルファしてカレー数種類。書いていて思ったけど、やっぱり結構な量ですよね。ええ、全部とても食べらんですよ。いつもこんな感じで食べられなかった。

 物乞いをしているようなインド人にしたら大変なご馳走であって残したりしてごめんなさい、という罪悪感も募るものの、こちらの胃も悲鳴を上げているのでしょうがないです。ついでに不思議な食べものとか言ってすいません。本当に。

 さて次はサール・ナート。ツアーグループの一人が、すぐに出発したいというもんだから、お昼食べてすぐに出発することに。ジェーンは、今出たら暑くて大変だよ。って言ってたんだけど。

 とはいえ、ガンジス川が強烈すぎたせいか、観光ムードに心は和む感じだ。サール・ナート。下のは、サールナートの写真です。色々書いていたから、なかなか到達しないなあ~。つづくImgp3102

|

« インド旅行記~4日目~① | トップページ | インド旅行記の途中ですが »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33519/1753052

この記事へのトラックバック一覧です: インド旅行記~4日目~②:

« インド旅行記~4日目~① | トップページ | インド旅行記の途中ですが »