« インド旅行記~2日目~② | トップページ | インド旅行記~4日目~① »

インド旅行記~3日目~

 明け方、トイレに起きる。インドの特急は、ドアが空いている!危ね~!危ないが「世界の車窓から」のような気持ちになり、感動する。こんなのありえない光景だよ。

 トイレはボットン便所みたいな感じで、垂れ流しかつ、使用後は横のレバーを引いて水を流すようになっているので、思ったより臭くない。でも流石に手で拭けないので紙を使う。

 インドは左手でお尻を拭くので、下から抑えると水が出る蛇口みたいなものが足元にあり、その横に拳が入るぐらいのポットみたいなのがある。そしてそこに水を溜めて汚れた手を洗うようだが、こんなの汚すぎて到底使えないし、近寄るのも恐ろしい。

 ちなみに私の取引先の人は、「左手でケツ拭くの?余裕っす」らしい。「インド人、なめんなって感じです。」

 ・・・・・・・。

 インド人にチキンな日本人と、なめられてもいいから、紙がいいです・・・・。

というわけで、トイレットペーパーは常に携帯の旅であった。でもインドのトイレットペーパーは巻きが少なすぎる。即効消える。下痢になると最悪。ああ、いつか手で拭く日が来てしまうのか?(大丈夫こなかった)

 ちなみに、トイレの中に、洗面台みたいなものも一応あり、蛇口みたいなのがそこにもついている。そこで手を洗う。石鹸欲しい・・・。

 ああ、12時間の列車の旅は長いよ。一晩空けて、盗みも暴行も悪いことは、勿論何もせず、大人しくしていた私たちは、インド大家族のお婆ちゃんに「あの二人、まあそんなに悪い人じゃないね」と、何をしたわけでもないが、ニッコリ微笑みかけられる。やはり人種の壁を越えても、寝食を共にすると、共同体みたいな意識になるらしい。ナマステ。

 さて、やっとヴァラナシについた。駅を降りると、すごい蝿の数。蝿を払いのけながら階段を上がり、駅を降りるも、リキシャ(簡易個人タクシーみたいなやつ)の勧誘、物乞い天国、人がウワアアアと近寄ってきて、ひるむ。いわゆる、誰もがイメージする分かりやすいインドの形がそこにある感じである。Imgp3033_1

 

これがヴァラナシの町。ちょっとピンボケしてますが。

 ジャンジャンというかシャンシャンというか、宗教的な金属を打ち鳴らす音が木霊している。野良牛も沢山歩いている。すごい世界だ。ここは。何なんだこの町は。神聖と限界までの俗がぐしゃぐしゃに入り混じり同居している。

 聖者なのか乞食なのか分からない人達、制服を着た子供達、野良犬と一緒にボーっと座っている人。顔も見ないで手を伸ばす物乞い、おでこに線が入ったお坊さん、グシャグシャ。

 ガンジス川で沐浴すると、今までどんな罪を犯しても、それが清められ洗い流されるという。ここで死に、灰が流されるのは、ヒンズー教徒にとって、最高の幸せ。だから死ぬためだけにここに居住するヒンズー教徒もいるらしい。インド中からここには、年間100万人を超える巡礼者が沐浴に訪れる。

 日本人もとても多いこの町だが、デリー同様、とても危ない町でもある。

 罪を犯しても洗い流してくれるガンジスが近くに流れているからかは不明だが、私たちがここに到着する前日に、イギリス人とドイツ人が殺され、体を3つに切断されスーツケースに入れられて捨てられた事件があったらしい。(帰国後、ネットで記事を検索しているのだが、まだ見つからない)

 また身持ちが固いとされるインド人女性と比べて、外国人女性は性的にフリーだと勝手に思われ、色々鬱屈した思いが溜まったインド人が起すレイプ事件が多いのだそう。レイプされ、殺された後捨てられるという最悪な事件も多いようだ。

 ジェーン曰く、これは事実の話、日本人は冗談で取ったり、信じなかったりするが、現実を見て欲しいと言っていた。

 恐いと思うとどこにも行けないし、何も出来なくなってしまうけど、こういう事実があるという事を肝に銘じるだけでもだいぶ違うのではないのかと。こういう事を良く認識して行動すれば身を助ける術になると思ったよ。無茶して無防備と冒険心を履き違えた行動が万が一を招く事も考えられるのだから。

 と偉そうな事を書いているが、着いた日、皆がヴァラナシの町にリキシャで出て行ったとき、私達夫婦はおなかを壊してホテルでダウンしていたのでした。

 このヴァラナシの、「HOTEL VAIBHAV」には、旅行中一番長く滞在し(といっても2日弱)一番食事した場所でした。ご飯はまあ美味しかったかな。 何度も停電したし、お湯もすぐに出なかったりしたけれど。

 その日の午後は、ホテルの裏にある、「The Ayurvedic Health Spa」というところで全身オイルマッサージと、おでこに1リットルのゴマ油をたらして自立神経を整える、「シーロダーラ」を体験。とても気持ちよかった。素っ裸でオイルを塗られて木の台の上で施術された。ちょっと高かったけど、旅行の疲れが取れて、顔がスッキリした感じがした。

 さらに、シャンプーと石鹸を間違えて使ってバリバリになってしまった私の髪の毛も、シットリ艶やかに。

 ヴァラナシの恐ろしさに慄いてもいたってのもあるけど、ホテルに着いたらインドアにのんびり過ごしたこの日でした。

 ちなみに下の写真はこのホテルのカレー。カレー食べすぎて、おなかくだり気味の今現在、見たくないので載せてなかったが、こんな感じです。延々同じようなカレーを食べ続けます。ここの食器はまあまあ綺麗だった。

Imgp3026 つづく。

|

« インド旅行記~2日目~② | トップページ | インド旅行記~4日目~① »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

◇jamonさん
おお。インド旅行記読んでくれてありがとうございます。びっくりすることも多かったけど、インドは面白い国でしたよ。カレーは最初は美味しかったけど、段々きつくなりましたが笑

勢いで書いているだけなので文章力は全然ですが、インドは泰然とした表情の下に確かに底知れぬエネルギーがあるのだと思いました。
アジア圏は、結構大変な旅行だったりしますが、私は好きです。リピートするのも楽しいと思いますよ。でも次はきれいで楽な国にいきたいなあ、イタリアとか。ははは。

投稿: hatti | 2006.05.09 22:25

インド旅行記、毎日楽しく読ませてもらってます。
hattiさんの文章力もあるでしょうが、圧倒的なパワーみたいなものを感じますね、インド。
インドやタイは1度行ったら病み付きになってリピートを繰り返すって言うのも、このパワーにやられちゃうんでしょうかね。
私は逆にそれが怖くてアジア圏には旅行に行った事がないんですが。
でもちょっと興味出てきました。
カレーも美味しそうだし(笑

投稿: jamon | 2006.05.09 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33519/1724491

この記事へのトラックバック一覧です: インド旅行記~3日目~:

« インド旅行記~2日目~② | トップページ | インド旅行記~4日目~① »