« 合宿行ってきました~ | トップページ | 朝練 »

修善寺合宿~のみさんのWS~

 のみさんなるお方に、合宿で初めてお目に掛かった。

 のみさんについては、元銀行員で、生理解剖学についてWSをされている、ご自身の畑で自給自足されているお方なんですが、その経歴が興味深くて、一度お話を伺ってみたかったんだよね。

 今回習う、生理解剖学なんてものは、非常に難しそうだから、私なんかに分かるかいな?と思いつつ、会社の業種もカラダ系なものだから、馴染み易いテーマではある。ヨガの練習する上でも段々気になってくる分野でもありますしな。

 最初の問診からはじまって、のみさんには2日間に渡って講義を頂いたので、今回はカラダについて色々考える機会が多くておもしろかったな。だから、ちゃんと居眠りしないで聞けたよ(笑)

 全体的に、とても壮大なテーマを取り上げて説明されていたから、本当だったらもっと説明するのに時間を要するんじゃないのかなとも思ったりした。だから纏めてかつ、分かりやすい説明をするのは大変だろうなと思ったりもしたよ。だけどそこで得た感動を、どうにかして伝えたいと熱心に話していたのみさんは、すごく繊細でロマンチストな人なんだと思ったりした。

 たぶんすごく難しい勉強を沢山していて、その勉強を通じてトータルで感じた「すごい!」と思ったのみさん自身の感覚を、どういう言葉で伝えたら端的に伝わるのか、一所懸命言葉を選んで話しているような感じがした。えらそうな憶測ですんません。

 そしてね、グチャグチャ考えるのが好きな私にとって、のみさんが与えてくれたテーマっていうのは考える題材としては、とても画期的で新鮮で面白かった。テーマを与えてくれてありがとうと言う気持ちです。

 まず、のみさんが提唱されている「アンプラグ」。自分につながれているコンセント(=~せねばならないという意識、携帯の電源、食事、24時間のエアコン)を抜いてみたときに、どんな自分が見えるかという話。

 今の人間社会には、本来のインプット機能をはるかに上回った情報が氾濫しているために、全部を入れると壊れてしまうらしいんです。

 だからこういうプラグが刺さった状態を継続していると、自分を保護する為に、無意識に感覚を閉じているらしいんですね。だから抜いて本来の自分を取り戻しましょうという考え方なんだそう。

 なんかね、これは抜いてみるとスッキリするっていうのは分かるような気がするんです。私がね、無意識にやっている(でもしょっちゅうは出来ないが)アンプラグってのは、海外旅行なんだと思うんだよね。

 自分は英語できないから、尚更なんだけど海外旅行に行くと日本に居るときと違ってテレビで言っている内容も理解できない部分が多いし、私の携帯は日本とは繋がっていないし、普段当たり前だと思っていることからかなり切断された状態になってると思うんだよね。

 言葉をうまく出来ないフラストレーションはあるものの、日本にいると分かってしまう悲しいニュース、情報が入るゆえの怒り、苦しみから解放される。だから海外旅行に行くと元気になれるんだと、のみさんの話を聞いていて思ったんだよね。だから「国外脱出したいぜー」という気持ちも無意識に生まれるんじゃないのかと。

 でも普通の国内旅行でも日常から切断される分、リフレッシュされていわゆる「アンプラグ」になっているんじゃないのかと、思うんだけどね。

 だから今回のリトリートは、私にとって、かなりアンプラグでしたね。コンセント全部抜けてましたね。コンセント抜けた自分は、かなりのびのびした子供に帰ってしまうということが良く分かった(笑)

 有る意味ブログもそうなのかも。私はここでは伸び伸びしてますからねー。誰にも制限されないからね。普段の生活とは違う世界での自分だからラクなんでしょうな。

 現実社会と切り離されたところに嵌ると良くない云々言う人もいるけど、自分の気持ちを開放できる場所があるのは必要なことだと思いますね。

  あとはインナーマッスルの話。インナーマッスルと一言で言われても、具体的に筋肉はどこか?と言われると結構困ってしまうけど、要は立ち上がるときに必要な必要最低限の筋肉のことなんだそう。

 魚でいうと、血合肉の部分で、熱量を効率的に燃やせる部位として血管が集中して黒くなっているのだとか!だから血合いの部分が多いサンマみたいな魚はシュッとして細いでしょって言っていたのが分かりやすかったかな。

 あとはね、骨盤の中の混雑の話。

 骨盤の中には、子宮や直腸、、膀胱、腎臓など沢山の臓器が入っていて女性は子宮が有る分、圧迫されて元々便秘になりやすいという話があった。混雑を加速させるものは、姿勢の悪さ等により、胃腸が正常時よりも下に下がってしまっている状態。これがあると下腹部が出る、ガスが溜まる(気滞)、などに繋がっていくのだとか。他にも確か生理痛・下痢・肌荒れ・冷え性の原因になるらしい。(たぶんそうだと思うけど違ってたら指摘してください)

 私が問診のときに言われたんだけど、東洋医学では、舌の裏の血管が太いとこの傾向があるのだとか。確かに私は上の症状がすべて当てはまるので、たぶん骨盤の中に下がり気味なんだと思う。ついでに骨盤も開いているような気がする。はあ。

 これを改善するには、自分で上に上がるようにマッサージするとか、側面部の筋肉を鍛えて(これも結局インナーマッスルのお話かねぇ)上に引き上げる努力が必要らしい。

 あと印象的だったのは、複雑系の話。複雑系でググるとかなり難しそうなリンクが引っ掛かってくるんだけど、ちゃんと勉強すると果てしなく難しそうな話題である。

 色々見たら、ココが一番分かりやすそうだった。

抜粋するとこういう感じ。

人間に限らず、有性生殖で生まれてくる生物は、一つの受精卵が次々と分裂をしながら成長していきます。細胞分裂を繰り返しながらヒトはヒトになり、猫は猫になっていくわけです。これらの現象を「発生・分化」といいます。当たり前といえば当たり前ですが、何か大きな力が働いているような神秘的なできごととも感じられませんか?


 初めは何の変哲もない均一の受精卵が、重力のほかには外部からの働きかけもないのに、自分の力で自分の組織をつくっていくのも生物の特徴です。これを「自己組織」といいます。


 雲の形や川の渦など自然現象にも「自己組織」の例を見ることができます。川の流れの速度がどんどん速くなると、乱流という状態が生まれ、たくさんの渦巻きができます。それは、川が普通に流れている状態に比べるとはるかに複雑なものです。そこには渦がいくつもできては消えていきます。そしてよく見ると、大きな渦の中にまた小さな渦があり、小さな渦の中にもっと小さな渦がある状態なのです。こうした構造のことを、【フラクタル構造】というのです。


 つまり、「フラクタル」とは、入れ子のような仕組みになっていることをいうのです。入れ子とは、ロシア人形のように、大きな人形を開けるとそこに中くらいの大きさの人形が入っていて、中くらいの人形を開けるとさらに小さな人形が入っているという仕組みのこと。


大きさは違うけれども、形が同じものが繰り返し現れることから、入れ子とおなじような使い方で「自己相似」と呼ぶこともあります。このようにフラクタル構造で枝わかれしていることが、自然や生き物に共通の仕組みらしいと考えるのが【複雑系の思考】の特徴です。

 あれ?のみさんの言っていた複雑系とはちょっと違う?(汗)まいいや。

 まあ、このフィーリング(chamaさん用語)で、分かりやすく言うと、自分は個として成り立って意識を持っていても、自分に存在する60兆個の細胞(誰が数えたの?)の集合体であり、それぞれの細胞の意識の統合した総意が自分というアイディンティティを持っているという考え方。

 さらに言うと、人間は人間としての意識を持ち、成り立っていながらも、この人間の集合体(+地球上の生物?)による総意が地球の意識となるというような考え方らしい。

 そうなると、さらに地球がひとつの細胞だとしたら、それの集合体(銀河系とか超えるもの?)の上にさらに大きな存在があるとすると、その先はどうなっているのか?考えても分からないし、きりがないし確かめられないけど、何かあると思っていたほうが楽しいんだろうなって思う。

 入れ子が入れ子すぎて、難しいやね。ロシア人形、マトリョーシカみたいだね。

 でも、なぜかこの話をききながら、きん肉マンが出てきてしまったのは、私だけであろうか。

 ウォーズマンの中で戦っていたきん肉マン。背骨に沿ってリングが5段重なっていて、小さいきん肉マンとかロビンマスクとかブロッケンJrとかが戦ってんの。はい、関係ないですね。すいません。ただのきん肉マン好きなんです。

 まあ、話は戻って

 のみさん曰く、人間の体にフォーカスすると、目の細胞は目の細胞として、自分自身のような意識は持っていないけど、必ず意識があり、胃には胃の、皮膚には皮膚のというような形でそれぞれが、いやもっと細分化された中にも意識があって、それの総意が自分を成り立たせているのではないか?とあった。

 そうなると、こんなに色々考えたりしたりしている意識というものは、私が死んでしまったら、まったくゼロになってしまうの?とも思うが、霊の存在とかはよく分からないので置いておくとして、これが正しいとすると、ヨガでいう、「ココロと身体は繋がっている」という考えは、十分に説明できると思うんだよね。

 細胞が活性化されてなければ、例えば、頭で「ヨガをやらなくては」と思っていても、「別にやらなくてもいいんじゃん」と頭以外の細胞が大合唱していれば、それにあがなえないような気もするんだよね。

 逆に体中の細胞が、ある方向に向かっていれば、衝動的な行動をしてしまったというのも分かる気がするんだよね。

 あと涙。勝手に涙が出てくるというのも、心や理性で「ハイ、これから涙を流しましょう」といって流すのではなくて、勝手に流れくるもの、体全体で有る事象を捉えて、働きかけるのかもしれない。こういうのに敏感な人、鈍感な人っていうのはいるとは思うんだけど。

 あとはね、この複雑系の話から、ユングの集合的無意識の話になりまして。

(ユングといえば、確かヨガやってた人だったように思うけど) 

 集合的無意識とは、

無意識のある程度まで表面的な層は疑いなく個人的である。われわれはそれを個人的無意識と名づける。しかしこれはさらに深い層に根ざしており、この層はもはや個人的に経験され獲得されたものではなく、生得的なものである。このより深い層がいわゆる集合的無意識である

んだそう。

 要は、顕在意識とは別に潜在意識では私たち皆繋がってるんですよ。って話みたいです。

 虫の知らせとか、図らないのにすごい偶然があったとか、そういう事象もこの集合的無意識がなせる技のようですが、お互い相談しているわけでもないのに、同じような神話が離れた土地に存在したりもこういうことで説明がつくんだそうです。

 小さなレベルでいうと、たとえばhatti夫婦という共同体は、私が持つ波、旦那が持つ波それぞれがあるけど、深い潜在意識のレベルでは同じ意識で結びつき、影響し合っているということ。

 となると、また父親みたいに死んでしまった人と繋がっていた潜在意識はどうなってしまうのか?死ぬ前に繋がっていた時点での気持ちは必ず影響受けているとは思うけれど、死んでしまったら、それはどうなるのか?何となく疑問に残ってしまった。

 ってこれ気になってたんだけど、答えようがないし、場が暗くなりそうだから質問できなかったけれどね(苦笑)

 まあ、他にも、色んな話を聞いて面白かったんだけど、印象に残った部分に対する、自分のウニャウニャした考えも書いてみたりしました。

 あと印象的だったのは、宇宙の塵だったものが進化し続けると、例えば骨盤でも、必ずこうじゃなくてはならないという材質・形状・機能を持って進化してきたことは、驚くべき奇跡で、奇跡を越えた何かがあるんじゃないのか?(だったよね)と本気ですごいと思いますと熱心に語っていたのみさんの姿でした。

 私は、体以外にも、魚の色の組み合わせとか、木々や草花の自然が作り出した美しさもさることながら、その土地に根ざした文化、食べ物、それぞれがひとつの美意識というか美しさみたいなものを織り成しているっていうのもすごいなあと思う。

 そしてその文化にぴったりあった花があったり山があったりするんだよな。

 なんてことも考えたりしました。

 はあ、久しぶりに長くなってしまいました。えへへ。

|

« 合宿行ってきました~ | トップページ | 朝練 »

「WS・合宿」カテゴリの記事

コメント

pachinko machine repair massage breckenridge colorado - http://sheenagreeting.info/massage-breckenridge-colorado.html ; percocet addiction symptom- [URL]http://rcatalog.org/ [/URL]; beautiful itinerary magazine [URL=http://vanlist.org/the-artful-framer.html ]the artful framer[/URL] so sad about us chords - http://palmettocar.info/so-sad-about-us-chords.html ; adult movie pic porn - http://bburn.org/ ; massage therapist las vegas [URL=http://gobkind.fetishforest.com/how-to-test-baseball-betting-system.html ]How To Test Baseball Betting System[/URL] eva loangira pictures [URL=http://novinepmp.info/ ]function of the testis[/URL] sexy marines- [URL]http://palmettocar.info/sexy-marines.html [/URL]; free online video poker slots from candyland coffee maker programmable fha abode loan va [URL=http://massaggireview.info/1-25-mortgage-loans.html ]1 25 mortgage loans[/URL] [URL=http://fastmeet.org/interest-transfer-fee-credit-cards.html ]interest transfer fee credit cards[/URL] new employee orientation models - http://uberc.org/ ; slot machine games- [URL]http://sedateanti.sitesled.com/free-slot-games-for-fun.html [/URL]; [URL=http://trimbleedward.info/carolina-opry-myrtle-beach-sc.html ]carolina opry myrtle beach sc[/URL]

投稿: carolina opry myrtle beach sc | 2007.01.02 15:58

◇@ヨガさん
おお。お久しぶりです。コメントありがとうございます。まじめな話でも、すぐに茶化してしまうのが私の良い癖です(笑)
悪魔超人大好きでしたね~!筋消し持ってました。ははは。

投稿: hatti | 2006.05.07 22:11

面白い話をシェアしてくれてありがとうございます。

この話から悪魔超人のことを連想できるhattiさんは素晴らしいと思います(笑)

投稿: @ヨガ | 2006.05.04 19:58

◇のみやまさん
先日の合宿では、とてもお世話になりました。のみさんのお陰で、これからの生き方だとか、自分にとっての心地よさとか幸せだとかを考えるいい機会が得られました。

のみさん直々に、このフィードバックのコメントを頂けるのは、感激です。そして同時に気恥ずかしくもありますね(笑)
嬉しいです。

このエントリーを書くのに複雑系についてググってみたら、難しい事が沢山書いてあって頭がクラクラしてしまいました。今までに無い概念ですね。この概念がもっと一般に浸透した時、大きく時代が変わっている時なんでしょうね。私はそのとき生きているかしら?

東洋系の思想となると、これからは、もっと内に内に入った思想になるのでしょうか?それはきっと、のみさんが仰っていた、本能というか潜在意識を探って行くということにも繋がるんでしょうね。

今、スピリチュアルブームになっているのも、それらの動きの走りなのかもしれません。分かりやすくて興味深いところですから・・。
テレビの受信機の話は面白いですね~。今までに無い概念ですけど、自分自身ということに置き換えて見ると、確かに色んな要素とか時系列のものが同時に織り込まれてますもの。電波というと不思議な感じもしますが。

集合的無意識は、過去も未来も現在も繋がっているのですね。死んでも繋がっているんだと思うと何だか、ほっとするような、嬉しいように思ったりします。私は死んだ父親がとても大好きだったので、死んだときはとても悲しかったのですが、それが今でも繋がっていると言って貰えたようで、なんだか目頭が熱くなってしまいました。

そして未来にも繋がっているとあれば、自分が色々感じて感動した思いとか大事にしたい気持ちを丁寧に感じておけば、多少未来にも影響あったりするのかなあと思ったりしました。

複雑系のような最先端の学問で言っている内容でも、ヨガのように数千年も前からある考えとリンクするところがあるというのは、とても興味深いですね。すごいなあと思いました。

投稿: hatti | 2006.04.26 22:32

hattiさん どうもご紹介ありがとうございます!

それにしても、よく覚えてましたね~。

複雑系っていうのは「なぜ宇宙のチリから 命が生まれたか?」とか 「経済って何?」みたいなことを研究している最先端の学問なんだけど

そんな話をあの場でしたのは
数千年前に作られたYOGAや東洋医学は
同じことを説いているからなんです。

逆に言うと 最先端の脳科学者や宇宙物理学者なんかは 東洋哲学の影響を受けているんです。

心理学のユングも、東洋哲学を勉強してるんですよ。
僕のやっている自然農の畑も複雑系をベースにした考え方です。


あと死んじゃったらどうなるか?というのは
それでも集合的無意識でつながっているということです。

集合的無意識の中には現在も過去も未来も
人もモノも全てが、時間も空間もたたみこまれているという言い方をします。

たとえば テレビ局から送られてくる電波の
ように テレビで受信するとそこにはじめて
映像が見えて そこに時間の流れとか 空間が見えるけど

空中に電波としてあるときは
そのなかに時間も空間も全部たたみこまれている。
全てが不可分に混在しているわけです。

そして僕らの意識はテレビの受信機みたいなものだと。

そして僕らの存在の本質は
電波みたいなもののなかにあるんだよと
言っています。
(マトリックスの世界ですね)

そこから分かれて(生まれ)
私という存在になり 様々な学習をして

そして死んだら全体につながる
(再び つながる= YO GA)
のだと。

なんだか熱くなってしまったけど
YOGAは恐るべしなのですよ(笑)

投稿: のみやま | 2006.04.25 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33519/1525101

この記事へのトラックバック一覧です: 修善寺合宿~のみさんのWS~:

« 合宿行ってきました~ | トップページ | 朝練 »