« ホッカイロとカーディガン | トップページ | おひさしぶりね »

Krantiのワークショップ

 Weekend Yogaにて行われた、クランティのWSに行ってきました。

 会場となる恵スタジオに入ると、ストレッチしているKrantiが早速居る。クランティを横目に受付してから着替え完了。

 前方・左方・ドアまで鏡張りのスタジオ。バレエとかダンスとかのレッスンもここでやってるんだろうな。大学時代のチアの練習を思い出したりもして遠い目。ヨガのレッスンとしては珍しいし、アサナを確認できるかもしれないけど個人的には鏡が無い方が落ち着くので好きだなあ。

 話はクランティに戻って。着替えが終わってマットの上にぼんやり座っていると、待ち時間中、目の前で難しいヴィンヤサをいとも簡単にやっていて驚愕。

 さすが3rdまで進んでいるだけあるのか、重力も関係ない感じ。普通に見ていると、あれ?もしかして私もできるかな?という幻想を抱かせてくれるほど軽くやっていた。なんだあれ?

 それにクランティはいかにも彫りが深くていかにもイタリア人って感じ。なんか頭の形がウルトラマンみたいに、シュっとしていて造形的にかっこよかった。エジプトの壁画にも出ていそうでもあった。そんな人が物凄いヴィンヤサやっている姿って、まじすごいです。びびるっていうか、芸術品みたいな感じでした。(褒め過ぎか?)

 実は最近は練習があまり出来ていないので、ドキドキ。今日はプライマリーシリーズ後半部分を重点的にやるのだ。シッティング以降ね。

 参加者が集まったところで、WSがいよいよスタート。

 クランティが最初に話したことは、

 「ヨガは沢山のアサナが出てくるので、出来ないアサナも出てくるが、出来ないものは、私って身体が固いなーと笑い飛ばせば良い。どの後の練習で出来ればハッピーだと思えばいいのです」って事。

 確かにそうだよな。アサナが出来るのが目的じゃないしね。先生にこういう事を言ってもらえると、なんか安心してしまう。そして最初のこの言葉で何か肩の力が抜けたような感じ。

 マントラってのは、身体に響かせるように意識してやるんだそう。クランティの尊敬されている先生っていう、リチャード・フリーマンってお方の言葉なんだって。そういえば、9月のヨガフェスの時も、ゴビンダ・カイ先生もサンスクリット語は、響きを考慮して出来上がった言語だから、マントラを唱える時は響かせるようにとか言っていたような気がする。

 プライマリーシリーズ後半ということで、このWSには参加したんだけど、やっぱりいろいろ為になることも多くて、勉強になりました。一番自分の中で画期的だったのは、手の指の腹の部分を意識して使うということだ。ジャンプバッグのときとかなんて、蛙になったような気分。でも指先まで力を込めることで、アサナにも力強さが生まれてくるような気もしたりした。こういうポイントも習わないと分からないからね。このWS以降の私のジャンプバッグ、少し変わるかな。

 あとは、スプタクルマーサナの後とかに出てくる、このアサナの時は、軽く肘を曲げてストッパーにするといいとかのポイントも教わったよ。滑っちゃうから、曲げないと止まんないでしょ。なんてことも言っていたりする。バンダがちゃんと効いている人だと曲げなくても止まるかもしれないけど、こういう風に段階を踏んで慣らしていけばよいのか?

 そうそう、あとは今の体制からジャンプバッグに行く時は、少し前傾気味になって腰を浮かすようにすると良いとも言われたかな。

 実は、このエントリーはこのWSからだいぶたった後(5/25現在)に書いているので、細かいポイントの部分は忘れてしまったので違っていたらごめん(爆)

 そうそう後、私この時、ヨガを復活したばかりの時で、Bhuja Pindasana をやったところで、腰がグギって入ってしまったんだよね。それからのKurmasanaSupta Kurmasana のところでは全滅だった。

 ああ。勿体無かった感もあるけど、私的には気持ちを奮い立たせて言ったWSだったので、それだけでも良いとしよう(笑)頑張った!

 そうそう、それから、リニューアルされたWeekend Yoga のHPを見たら、この時の写真が載っていたのだ。楽しそうな写真の数々を見ていたら、もう少しヨガを練習して体が適度に鍛えられた後に、もう一度受けたいなあって思ったりしたよ。

|

« ホッカイロとカーディガン | トップページ | おひさしぶりね »

「WS・合宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33519/1164588

この記事へのトラックバック一覧です: Krantiのワークショップ:

« ホッカイロとカーディガン | トップページ | おひさしぶりね »