トップページ | 2005年10月 »

コメント遅れてますが

 皆さん先日のエントリーへの、嬉しいコメント沢山頂いてありがとう御座います。
ちょっとお仕事のほうが、忙しくなってきてしまっていて、コメント返信できてないけど、ちゃんと皆拝見してますよん!

 追って返信コメントさせていただきます。

 あと、Kaorin_nyさん、メールありがとう。やっぱり返信遅れててすみません。ちょっとお願いしたい件があるので、なるべく早く返信しますねm(_ _)m

| | コメント (760) | トラックバック (0)

2年生ということで

 アシュタンガヨガを先生について習いだしたのは、去年のヨガフェス以来。
今月でアシュタンガヨガ2年生になりました。

 たった1年でも、何かをやり続ける事って努力を伴うけど、アシュタンガの場合は努力で続けてきたのではなかったね。

 何で続けてきたのかって、楽しさと好奇心、嬉しさかな。
それとちょっぴりの悔しさかな。ん?ちょっぴりか?負けず嫌いだったからな。
 最近は悔しいとかも殆ど起こんないけどね。

 まあ、とにかく、この1年すごく面白かった。こんなに面白い1年は学生時代以来かも。いやそれ以上だったかもしれない。
 
 ヨガを一人で家で黙々とやっていた(つもりになっていた)孤独ヨギニ時代から、
現在に至るまで、ヨガ、ブログ、沢山の出会い、どれも深く絡み合っている。
 今の時代ならではかもだけど、これらが上手く噛みあった感じだね。

 習いたい先生、勉強になる先生、好きな先生と色んな先生を見つけて、少しづつでもお話も出来るようになってきたしね。

 今でこそ、普通に話してるけど、最初はガチガチで全く話せなかったんですよねえ。
 本当は話しかけたくてしょうがないのに、いざお顔を見ると話しかける事も出来なくて、逃げるように帰ってましたからね。(当時のブログにも書いてありますけど 笑)
 でもそれもどうしようも出来なかったんですよね。それで精一杯だったから。

 実は会社では世知辛い事が多くて、人の事を嫌いになりかけて、
「人なんて嫌いだ」とか「人なんて信用できない」と思っていた時期が長くありました。特に女の人が苦手でした。というか、めちゃめちゃ恐かった。

 そうなると仕事するしかないので結婚前なんか残業の鬼だったし、休憩も取らず誰とも話さず仕事ばかりゴリゴリにやってました。
(決してイキイキ仕事していたわけではなく、あくまでゴリゴリです 笑)

 飲み会といえばいつも同じ面子ばかり(しかも皆おっさん。いい人ばかりだけど、後は仲良しの一部の同期かな)、とにかく頭がカチコチに一つの価値観に凝り固まってたんですよね。
 まあ今思うとしょうがないよね。まあこれ読んでくれている方は分かると思うけど、元の性格はこっちなんだけど、段々本当の自分というものを見失っていたような気がします。

 今思えば、そんな私だったから、先生とも最初話せなかったんでしょうね。
頭がカチコチで何を話していいのか分からなかったんだとおもう。

 でもヨガをやるようになって、色んな価値観に触れて多少柔軟になったから、カチコチは無くなったかもね。

 ちゃんと自分と向かい合って、無意識に自分をもっと大事にしようとか思えるようになってきたし。

 そして、ヨガで、何か根拠のない自信がついた!(笑)

 何だろう。
 
 ちゃんとヨガで自分を管理出来ている(ホントはまだ足りないと思うけど前より大分ね・・)のだと思う気持ちと、
 
 ちょっとずつ体も鍛えられてきて、二の腕が太くたくましくなっても体重が思うように減らなくても体が多少締まって来たという気持ちと、
 
 息があがらなくなってきたとかの体力がついてきた、柔軟性が増してきた等の、自分が練習した事による成果と、

 ヨガの影響で、食生活を見直すようになって、これの意外な面白さ。
食べ物もちゃんと気にするようになったもーんという、自負?(まだまだだけどね)

 あとは自分の文章を律儀に読んでくださる方がいる信じられない事実!ストレス解消に書いていたのに!
 王様の耳はロバの耳状態で、解放感に満ち満ちたアホエントリーだったから良かったのかしら。
 でも、やっぱりこれはかなり嬉しいので、これも自信になったのだと思う。

 かといって、自信満々の女じゃないので、誤解しないでね(笑)

 もともと私はネットとかオタク系がやるものだと思っていたし、掲示板とかはスルーするタイプなので、まさか自分がこんな風にブログを定期的に書くとは思わなかったね。
 一番最初はHPってどうやって作るんだろう。面白そうだから勉強してみよっと、と御遊びで作って、人のHPで研究しているうちにブログの存在を知り、何となくサマになるから、リンクさせとくかぁ?という感じだったのだよね。

 だから一番最初のエントリーなんて超適当で、自己紹介もないし、唐突に、映画「トロイ(ブラピ主演)」を見に来て、木馬が歌舞伎町に置いてあってビックリ!みたいな独り言のような内容なのです。決意も何も感じないよねえ(笑)

 だから最初は「のほほんヨガ雑記」なんていうタイトルではなく、ただの「雑記帳」というタイトルでした。

 それでも、ブログというか独り言を書き続けていたお陰で、私の文章を読んでくださっているとコメントを入れてくださる方が増えて、それとリンクしてヨガの方が楽しくなってきて、ヨガの事も沢山書くようになってきて。

 ヨガの事を沢山かくようになってから「のほほん〜」をつけたんですけど。

 本格的にコメント頂けるようになったのは、曼荼羅さんのところと、チャマ先生のとこにリンクしてもらってからです。あの頃から沢山やりとりする方が増えてきたんですよね。
 
 そして実際にそういったお方ともお会いできて、お友達になって。

 この間のヨガフェスの時は、居酒屋に行ったりお茶できるようになったり。
 ヨガをやってから数珠繋ぎで沢山の出会いがありました。 

 大人になってから友達を作るのは難しいと思っていたのに、こんなに短期間に気があうお方に沢山出会えた事は奇跡的な事で感謝すべき事です。

 それに、皆とってもとっても優しくて素敵な方ばかり。
 皆さんコメントが優しいので、ひとつひとつ心に沁みてジンワリしたりして、どの方も良い人な予感はしていたのですが、実際にお会いしても、ブログのまま、とっても素敵だった。そして楽しかった。
 
 皆大好きです。らぶ。

 落ち込んでいる時のエントリーは励ましてくれ、喜んでいるときは、一緒に喜んでくれて本当に嬉しく、力になっています。
 
 ヨガは結ぶという意味があるじゃないですか。
心と体を結ぶ。 
 でもそれだけじゃなくて、沢山の人とも結んでくれました。これは当初予想もしなかった事だから、嬉しい誤算でした。

 あとは、ヨガ自体の練習も楽しいね。
大人になってから中々自分の成果というか進歩って実感できる機会はないから、昨日まで出来なかったことが出来たりすると、単純に嬉しいし、ウキウキする。
 
 ヨガは常に課題があるけど、それもできるようになるのが目的なのではないし、とにかく続けることが大事、ってこれはチャマ先生の考え方だと思うけど、あまりストイックになりすぎなくても、いいっていう丁度いい緩い感じが自分に合ったんでしょうね。勿論本当は週に6回やってとか色々あると思うけど、それで必ずやりなさいという事だったら、すぐやめてたね、多分。

 私は今まで何か課題を与えられたら、それを必ず克服しなければならないという価値観で努力してなるべく克服するというかしたいタイプだったので、こういう考え方もあるんだって、考え方が気楽になりました。

 以前、チャマ先生が「あなたにとってヨガとは何ですか?」ってみんなに聞いていたけど、考えれば考えるほど分からない。

 あの時は、勢いで「整体」と答えてしまったけど、勿論それだけでなく。
あ、そういう要素もあるけどね。

 だって、こういうツールって今まで無かったから、今の自分の語彙の中で表現できるものがないんだよねえ。

 本来の自分に戻してくれて、かつそれを維持させる事が出来る、生活と密着した習慣。
 何かでも、書いてもどこか言葉が足りない気がする。誰か偉い人が新しい言葉を作ってくれればいいのだけど。

 だから「はまってるね〜」という簡単な一言で片付けられたくないね。
 それだけじゃなくて、もっと色んな大切な要素が沢山絡み合って繋がって、私をヨガに駆り立てる感じなの。不思議だね、ヨガ。

 そんなこんなで振り返ってみたけど、1年経ったら、こんな風になっていた。
もう1年経ったらどういう風になっているのだろう。心も体型も(熱望)変わっているかしら。
 2年生はどんなことが起こって、どんな変化があるのか楽しみです。

| | コメント (230) | トラックバック (0)

北海道旅行記 〜旭山動物園〜

 22日の夜に旭川入りしてから、24日に帰ってくるまで、無計画に行った割には色々なところを廻ってこれました。
 
 廻ったコースとしては、旭川→美瑛→富良野→札幌→小樽→積丹半島→神威岬→小樽→札幌 です。

 飛行機代は個人で取ったから割高だったけど、ツアー料金は掛からなかったし、宿もビジネスホテルに泊まってしまったので、全体ではトントンかな。

 そして、やっぱり北海道は食べ物がおいしかった!
 食いしん坊としては食べたいものが多すぎたけど、食べたいものは一通り食べられたかなあ。
 食べ過ぎたか?!と怖くなって家に帰ってから、とりあえずプライマリーシリーズを自宅で毎日やっています。体は重いし、若干お腹の筋肉が緩んだ模様。
 でもいいの。また明日からヨガの方は頑張るよ。

 取り敢えず、念願の旭山動物園に行ってこれたので、それからアップさせていただきます。写真沢山撮ってきちゃった。わーい。楽しかったよ!

 ここが入り口です。
2669


 取り合えず人気NO.1と予想される「しろくま館」に。
でもまだ、もぐもぐタイムの前だったので、グータラしています。

 そうそう、「しろくま館」には、ドームなるものがあります。
 それは半球上のドームをシロクマが居住するところから飛び出すように設置してあります。(しろくまは氷の間から頭を出したアザラシの頭を叩き割り(表現にしょっく)エサにして食するらしい)
 人間がそこから頭を出すと、アザラシだと勘違いしたシロクマが間近まで迫ってくるらしいのですが、私のときは来てくれませんでした。残念〜。

2494

 しろくま君達、もぐもぐタイム後から、一気にヒートアップ。
 オスグマは若い上、メスグマの事が大好きらしく、ひたすらじゃれ付きまくります。でもまだオスグマのほうは、成熟していないので、まだ繁殖はしないそう。

 だんだん、メスのほうがくたびれて来ているのに、ひたすら挑むオスグマ。
年下と付き合うのは、シロクマ界では体力を使いそうです。


2524


 偶然撮れた、シロクマくんの肉球


2536


 泳ぐシロクマくん。なぜか君付け。

2539


「ペンギン館」へ。
ペンギンが縦横無尽に泳ぎまくる水槽の下がトンネルになっているので、見上げながら歩きます。
水の中では、飛ぶがごとく素早いペンギンにとても 感動。

2496

2512

 水槽の下から続く通路に出ると、ペンギン達の住処を間近で見られます。

 そして、こちらを振り向くペンギン。かわゆい。

2501

 それから、ショッキングな映像が。
「皇帝ペンギン」という素敵な映画のイメージで(まだ観てない)温和だと信じていた皇帝ペンギンが、同種の雛を寄ってたかって苛めていました。

 ガーーーーン。ガーーーーーン。ガーーーーーーン。
 しかも執拗にあの尖がった長いくちばしで突付きまくりです。やめてえええ。
 係員が苛めているのを見つけ寄った時には知らん振りのペンギン達。「私、知らないもーん」というふてぶてしさです。でも居ないところで、苛めるの。結構陰険なのね、あんた達・・・。

 それから親鳥が現れ、懸命に雛を守っている姿も見れたので、ちょっとほっとしました。(真ん中が親鳥)

2507

 ショックな気持ちを引き釣りつつ、「あざらし館」です。

2546


 あざらしも生き生きしています。
泳ぎまくりです。
 
 しろくまが食べるにしても、結構大きな体躯です。あまり食べられちゃうところ想像したくないけど。

 うまく取れた写真がないから載せなかったけど、アザラシの通り道の円柱が、館内にあって、そこを沢山のアザラシが潜り抜けるのに感動しました。
 いい大人なのに、嬌声をあげてしまったよ。感動しすぎて涙出てきた。

2547

 これはクラゲ。こんな地味なものも何気にいたりします。
画像はPCの壁紙系。


2554

 次は「もうじゅう館」で、まずは豹。
 一部観光客用に檻が飛び出た格好になっていて、頭上で寝たりしています。

 アムール豹と雪豹が金網一枚隔てたところに共存しています。お互い刺激しあって頭上で吠えたりして、迫力満点。すごい〜。

 頭上で眠るアムール豹。

2584


 本物の豹柄です。

2579


 虎が吠えています。猛獣系だとトラが一番好きです。寅年生まれだしね。

2559


 ライオン。やっぱりライオンはかっこよいね。

2565


 それから、オラウータンのほうへ。
これはメスの方なんですけど、遠くを見つめています。
 人間の方が見物しているのか、オラウータンに見物されているのか分からない。

 2613


 それからサル。名前を忘れてしまった。ごめんね。

2626

 ちゃんとサイもいたよ。この人だけ微妙に寂しそうなんですが・・・。

2637

 それからヤギです。前回の長野の時も癒されたけど、ここのヤギとも見つめあってしまったわ。可愛い〜。

2640


 これも可愛いわん。

2641


 そうそう、白鳥達も居ました。スイスイ優雅です。

2651


 それからフラミンゴ達。
とってもきれいでした。酉年の年賀状に使いたいぐらいきれいに撮れたと思う。って今年か。12年後か。遠いな。

2662

 


 と、大体こんな感じです。ふー、疲れたわ。
本当はもっと沢山写真撮ったので、もっと載せたいのだけどキリがないので、お気に入りを載せてみました。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

ちょっくら旅行へ

 今日の夕方から北海道の方へ旅行に行きます。
戻ってくるのは24日。狙いは旭川の旭山動物園
 
 旭山動物園自体は結構小さいらしいので、そのついでに、美味しいもの食べたり、周辺を観光したいと思っておりまする。るるるー。
(ツアーじゃないので、これから回るところを適当に決めるつもり。)

 暫くエントリー&コメントの返信は出来ないかもですけど、よろしくお願いしまーす。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

香ばし十五穀

  Pic_0299旦那さんの実家から白米を5キロずつ頂いて食べきれないうちに15キロの量になってしまって。 有難い話だけど、本当は玄米を食べたい私としては、やや悶々としながら食べていて、発芽玄米を混ぜるのも良いけど、何かいいのないかな?なんて思いながらスーパーを徘徊していたら、「元気な穀物 香ばし十五穀(ハウス食品)」を見つけてしまいました。  何となく見た目も楽しそうなので、イソイソと買ってきてご飯に混ぜはじめました。  一袋に入っている内容物は、発芽玄米、大麦、黒米、はと麦、もち米、そば米、黒豆、小豆、うるちひえ、もちあわ、もちきび、黒ごま、白ごま、とうもろこし、そしてアマランサス。これだけの種類の雑穀を用意するは面倒だけど、全部一袋にセットされていて、2〜3合のお米に混ぜて炊くだけの手軽さだし、予めお水につけておいたりしなくてもいいの。  黒米が入っているせいか、うっすら紫色に色が付いている感じだけど、食べると旨みがあるような感じがします。 3合でも美味しいけど、2合で炊いた方が、小豆とか黒豆がギッシリ入っているような感じがして食べていて楽しいし、美味しい気がします。これにしたら普通の白米が物足りなくなってきてしまった。 もっと雑穀って不味いと思っていたんだけど、そんなことないんだね。  嬉しいことに、カレーをかけても美味しく食べられるみたい。  でもやっぱりうちの旦那さんは、このご飯を見たら顔をしかめて、「普通の白米が食べたいよお!」って言ったのでした。なんでーーー。 (ハウス食品の回し者みたいですな。今回のエントリー)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヨガフェスタ2005レポート

 今年は6レッスン受講しました。
疎らに取ったとはいえ、3日間連続で赤坂プリンスにに通ったので、それなりに疲れたらしく、今日は爆睡。背骨が痛くなるほど、寝て寝て寝まくり、さらにゴロゴロしながらPCでネット三昧してました。(会社は今週お休みにしたのですよ

 いやー、ほんとに今年は人数が多かったりして、まさに「祭」。出店数も増えたしビクラムヨガコーナーではデモやってたり盛り上がっている感じでしたね。

 来年にも続いていくんでしょうな。沢山のブロガーさん達にもお会いできたし楽しかった。ほんと皆さん有難うございました。
 
 記念にもなるので、レッスンのレポートを書いてみようかと。

9/17
●オープニングセッション/ケン、バーシャ、綿本彰、ダンカン・ウォン

 アシュタンガヨガセッションと間違えて取ってしまったこのクラス。
でも良く考えたら(考えなくても)講師陣がすごい豪華なんだよね。やっぱり取って良かったと思おう。まず先生方の自己紹介から始まり、お約束のケン先生のボケ(山田太郎です、みたいな自己紹介 笑)

 まず綿本先生の誘導で始まります。大分昔に買ったヨガCDそのままの声で、今年もヨダレが垂れそうになる。あの声帯はどうなっているんだろうか。眠れない夜に「眠くなーる、眠くなーる」と寝かしつけに来て欲しい。(冗談です)
 体の隅々まで伸びてとても気持ちよかった。この間ダンカン・ウォン先生もアジャストに廻っていましたよ。
 で半寝状態で待っていると、いきなり音楽が掛かり始めました。

 「えっ」と思っていると、いつの間にか、ダンカンウォン先生に入れ替わっていた。みるともう既に先生は説明しながらポーズを進めている。どんどん進んでいる。

 「えっえっ?何?どうやってやるの?」と思いながら必死でついていくも、下を向いてしまうと何をやっているのか全然見えないので首を常に上下しながら忙しいレッスン。
 ていうか、通訳が解説についていってなくて、通訳無し状態の時も。
頼むよ〜。わしネイティブじゃないから分からないよ。

 わからない人続出で、ただ立ってダンカンを眺めたりしていると
一応ケン先生からも「皆さんもやってください!」の声が。

 ダウンドッグから足を斜め後ろに突き上げ、スコーピオンのポーズ。(似たポーズ、budokonでもやったなあ)それから膝を折り曲げ、前にもって行き戦士のポーズみたいな感じで右左交互にやっていく。
 基本はアシュタンガらしいので、ウジャイ呼吸はしなくてはいけないのに、どこで吸ってどこで吐いていいのか分からず、むしろ呼吸は止まってしまっていたかもしれない。

 じんわり汗もかいてきて結構な運動量だなヨギックアートとヒーーヒーーしてしまった。でもあの動きをきちんと出来たら「アート」になるのだろうなと思う。
 あの動きを考案するのはすごい。ダンカン・ウォン先生、すごいね、と感心してしまった。

 ダンカン・ウォン先生は音楽と共に段々ノリノリになってきて、「押忍!」と叫んだり、「アヒムサ(非暴力)〜〜」と叫んだり、かなりご機嫌であった。

 最後は昔のディスコみたいに踊りだす、ダンカン。もう誰にも止められない。
全然ヨガ的に体に効いているとは思えないものの、楽しむだけ楽しんどけ!という感じでノリノリでやってみた。

 そうそうその後で、掛かった曲で「これボクの曲ネ〜」という感じで宣伝したり、「ポスターありますよ〜」とか。君はタレントなのか?少々ナルシストなのか?(笑)いや、男前なんですけどね。

 写真からくる、超2枚目&クールガイというイメージは見事に打ち砕かれたものの、かなりの面白キャラで違う意味で好きになりそう。レッスンなのに、ツボにピンポイントで入ってしまい、一人なのに笑ってしまい苦しかった。

 最後はケン先生。

 変則スリヤナマスカラを何度か練習。初心者用に考案したのかしら。
ヨギックアートで訳が分からなくなっているのを軌道修正してもらったような感じ。

 あとはシャバサナして終わり。

ビクラムヨガコーナー

続きを読む "ヨガフェスタ2005レポート"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ヨガフェス・オフ会

 まだ先だろうと思っていたヨガフェスタもあっという間でした。

 去年の孤独武者修行状態のヨガフェスから一転、今年は沢山のブロガーさん達とお会いする事が出来て、本当に嬉し恥ずかし、楽しいでした。
 いやー今回はすごかった!

 18日にお会いできたのは、mabuさんsarahさんyuckyさんkanoさんよしよしさん小松菜さんあややさんTomokoさんtaniさんゆめこさん

 19日にお会いできたのは、Tomokoさん、nyaomimiさんぺこさんakicomsさん、よしよしさん。

 あとスタッフとして活躍されていたmatha31さんにもお会いできました。

 おなじみの方から、ご対面は、お初の方までお会いする事が出来て、とても感激してしまいました。
 私はやや人見知りぃのところがあるので、内心心臓バクバクしてたんだけど段々それも忘れてしまいワイワイ話してしまいました。
 
 ヨガの事、普段会社で思い切り話せなかったりするから、こういう機会でワ〜〜って話せたりするのが嬉しかったりしたし、皆さん結構ブログのままの雰囲気で安心感を持って話せた感じでした。
 初めてなのに初めてじゃないかんじ。不思議。

 18日は居酒屋に飲みに行って、19日は喫茶店でケーキセットを食べて、色んなお話してどちらも、すごくすごーーく楽しかった。

 色んな情報教えてもらったり、ヨガの事とか食事の話、果ては先生の噂話(笑)、あとはケーキについてや、クラスの事とか時間が経つのがあっという間でした。

 これでこれからスタジオに行っても毎回どなたかにはお会いできそうです。うれすい。

 これからもよろしくお願いします。
実際受けたクラスについては別途アップしまーす!

| | コメント (26) | トラックバック (0)

ヨガフェスタ2005!

 今日第一日目、オープニングセッションに出てきました。
今年は去年よりも大人数な感じです。
ショップ脇のビクラムヨガコーナーでは、ヨガの世界大会の1位と2位の人がデモンストレーションをやっていました。

 今日はオープニングしか出られなかったけど、Tomokoさんと、ゆきちゃんにバッタリ会場で会えて嬉しかった!明日もよろしくねん。
 
 明日からの二日間も出る予定なので沢山の方にお会いしたいなあって思います。宜しくお願いいたします

〜18日〜

 8:30〜10:00/アシュタンガヨガヴィンヤサテクニック
10:30〜12:00/ヨギックアート

〜19日〜

12:30〜14:00/ヨガと断食
14:30〜16:00/ヨガダイエット&ヘルス

私のいでたちは、写真がちょっと暗いのだけど、

ヨガマットケース:チョップヒマール社の、赤いインド象バッグ。
ヨガマット   :エコヨガ社の、紫のジュートマット
ヨガウェア   :18日/ナイキの白のタンクトップ+青っぽいグレーのパンツ
          19日/ルコックの紺のタンクトップ+ベージュパンツ

です。

人がいっぱいだけど、分かるかなあ。

ウェア

| | コメント (6) | トラックバック (1)

恐い女

 最近ヨガじゃないネタばかりで、すいません。
でも今日は書かせて! はあ はあ はあ はあ。

 残業して、帰りも遅くなってやっと自宅マンションにたどり着いたんです。
普通に郵便ポストを見て、宅配BOXも確認しました。

 うちのマンションは、築年数が古いので、なんちゃってオートロック。
玄関と部屋が配線で繋がっていないので、部屋番号を押して住人が応答してから、ドアを開けるのではなく、時間制で夜9時〜朝の6時までガラス戸が閉まり、暗証番号で中に入るシステムなのです。

で、

ピピピピ・・

と暗証番号を押して

ガーーーーーーーー

と自動ドアが開き、我が家は2Fなのでそのまま斜め前の階段を上ろうとした時。

気配を感じました。

左です。

えっ。何?


と何気なく、左を見てそのままフリーズ・・・・。


なんと、左側のガラス戸に、大林素子似の幽霊みたいな女が、グシャグシャな長髪を振り乱しながら、ガラス戸に張り付いて立っていたのです!!!!
顔はガラス戸に押し付けています。
すごい歪んだ表情。

ギャーーーーーーーーーーーーーーー!
何してるの、あんたーー!

私、一瞬幽霊を見たのかと思いました。

勿論その人のために開けてあげるなんてことはせず、恐怖でひきつりながら階段を駆け上がり、速攻部屋に入りました。

左側のガラス戸は自転車置き場に繋がっている出入り口で、ここは常に暗証番号で入るようになっているのです。

鍵が掛かるシステムのところでよかった。

ただ、私の部屋は、その自転車置き場からの通路を見下ろせるところに位置しているんです。つまり部屋に入っても、近くの場所にいるの。

うちは洗濯機は外置きなのですが、ちょうどその女が立っていた上らへんが洗濯機の場所なの。

さっきの事があったので、
あまり物音を立てると、そのヘンな女が下から見上げたりするかもしれないと、ドキドキしながら、でも、洗濯物を取り出さないと、と思い、そーーっとガラス戸を開けた瞬間。

ウワアアアアアアアアアーーーーー!
ウオアアアアアアアアアアアア!!!

という慟哭のような喚き声?泣き声が聞こえ、さっきの女だ!と恐怖でいっぱいに。

それでも何とか洗濯物を大至急で取り込み、窓をきっちり閉めました。

恐すぎるーーーーーー(T T)
本当に幽霊なんじゃないの?

って耳を澄ますと、澄ましたくないけど、これを書いている今も、まだあの女のすすり泣きだか、慟哭が聞こえます。まぢで。

でも、恐くて確かめられない。

本気で恐いよおお!!!!!

ヘンな人は春じゃなくても出るようです。
皆さんも、お気をつけ下さい。

今日、恐くて寝られない。

続きを読む "恐い女"

| | コメント (22) | トラックバック (0)

プッシュアップ

 プッシュアップの練習を、何気ないところでもついやってしまいます。

 例えば、会社で椅子から立ち上がる時、座りなおす時。
思わず両手を椅子につけ、そのまま腰を持ち上げて立ち上がるというような動きをしてしまう。
 多分動きとしては、やや不自然・・・。多分見た人は、一瞬「ん?」ってなってしまうかも。あんまり真剣にやると変態っぽいかもな。(そこまではしてないですよ!念のため 笑)

 でも何となくやりだしたのが、今や止まらない。席を立つ時なんかやらないと気が済まないし。

 会議中もプッシュアップ。PCに向かっていてもプッシュアップ。
いや、ヨガを知らない人は却って何も感じないかしらん。そうだといいけど。

 お陰で、実際ヨガを練習している時も、前より強くなってきたかもです。

 取り敢えず、ダンダーサナから、ただ腰を浮かせるだけのものは普通に浮くようになったけど、何だかなーですね。足は浮かないので。。

 足も浮かせるようになるには、もっとバンダとか練習しないとだけどね。
でもそこまでの練習は会社じゃ出来ないけどね。ほんとはやりたいけどね!

 でもちゃんとできるようになったら、スイングさせて、そのままバックジャンプにも行けるし、これで手首が強くなったらジャンプフロント・ジャンプスルーのときも怖くなくなるかな。

 皆さんは、日常でついやってしまうヨガっぽい動きって有りますか?ちょっと興味深いです

| | コメント (10) | トラックバック (0)

レッド

 先日、本日・火曜日は出席するって書いてしまっていたのですが、仕事でいけなくなってしまいました(;_;)残念無念です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

陶芸と絵画の二人展

お皿

 土曜日は、銀座の文芸春秋画廊での、中尾厚子(陶芸)・中尾成(画家)の親子二人展に母と旦那さんとで行って来ました。

 母はカルチャーセンターで、この中尾厚子先生に習っていて、いつも一番前のテーブルに座って分からないところがあると先生を呼んで教えてもらうなどして、良くしてもらっているそうです。

 先生にもお会いしたんだけど、気取りが無くてとてもよい方でした。
日展にも何度も入選されているすごいお方なんだそうで。

 着物の色のような和な感じの染付けの器や、花器。お煎餅みたいなひび割れの器、梅の花が散らされた飾り皿とかどれも素敵でした。
 私は華道をやっていたので、ついこの器にはこういう花をとかそっちに発想がいってしまいました。

 華道をやっている人は、やり続けるうちに器にも目覚め、自分が作った器に生けてみたいと、陶芸と花と両方やる人も居るみたいですが、私はそこまでお花にはのめりこんでませんでした(笑)
 だから、どういうお皿や器が難易度が高いものなのか?とかは全く分からないけど、見る人が見ると分かるらしい。

 母は「こんなにどっしりした風に見えるのに、何でこんなに軽いの〜?」とか「これをこう削るのは難しいよ〜」とか感激。
 私と旦那さんは、「ふ〜〜〜ん」という感じでしたが、それでも素敵な器が並んでいたので、じっくり見て楽しみました。

 久々に芸術に触れちゃったよ。あ、息子さんの絵もとても素敵でしたよ。
ドイツらしき風景画なんですけど、直線を多様して、夕方みたいな暗い色調に緑色が浮かび上がるような幻想的な絵でした。

 芸術一家。素敵だわ。

 陶芸のほうに戻ると、作品展をしながら、その作品の販売もしていました。
 母はお茶を飲む湯飲み茶碗と、お料理の取り皿を迷っていたのですが、悩んだ末、取り皿を買い、我が家用にも何枚か譲ってもらいました。ラッキー!

 本当は、もう既に母から貰ったお皿が大部分占拠してるんで、どこに仕舞ったらいいのか悩みどころですが、嬉しいです。
 
 食器棚の中で、私が買ったのは、バリのジェンガラケラミック、数点ぐらいで、後は母の好みの皿・皿・皿・・・!!

 でも私も好み似てるから良いんだけどさ。ありがたい、ありがたい。(←母親もこれ読んでいるから書いておかないと!笑)
 
 上の写真がそのお皿です。綺麗だし使いやすい大きさなので、とても嬉しいです。
お料理がんばらないとねー。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小さなone day come

 金曜日、マイソールクラスに行って来ました。
インドからチャマ先生も帰ってきたみたいでこの日は居ましたよん。

 何だか超久しぶりな感じ。この日は先生も一緒にマイソールクラス。

 以前腰を傷めたアサナ「スプタ・クールマーサナ」が恐くて、プライマリーシリーズの練習の時、マイソールでは、スキップし、レッドでは休んでいました。

 最近腰の痛みは感じないので、金曜日のナタリアのマイソールクラスの時に挑戦してみることに。

 取り敢えずクールマーサナでは何とか胸が床につきました。
前にDan先生に、足の幅をマットの幅にするようにと言われたのですが、足を閉じると腰への負担が増すので足はある程度広げたままで。

 一応ジョンスコットの本では足開いているし、いいよね、これで。

 で、ついにスプタ・クールマーサナ。
腕をそろそろ後ろにやって足を前で組もうとしたところで、ナタリアが来てくれてアジャストしてくれました。

 前も思ったけど、ナタリアはアジャストが凄く上手だと思う。

 まず肩の裏側を片腕づつ押され、後ろで手を組まされ、それから足を頭の上に持っていきます。
 肩の裏側を押された瞬間は、スルっと後ろに腕が回って無理ない感じだったし、
足も無事に頭の上に掛かった!

 感動。腰も痛くありません。

 流石に足をかけた状態で手を組み続けるのは、私は無理なのでタオルを持たされてやりましたけど、ナタリアに「good」って言われて更に嬉しくなってしまいました。

 それから両足を上に持ち上げられたので、両手を床につくところまでは出来ました。私はここまでこのアサナで来れなかったので、多少進歩したのかと喜んでしまった。

 ただ喜びすぎたのか、足がすぐに外れて下に下がってしまったことで、ティッティバーサナが出来なかったので、ナタリアに「今のところ、ティッティバーサナだけやって」と言われ挑戦。

 私はまだティッティバーサナが上手く出来ません。
何となく形は取れるけど、ブルブル震えてしまうのです。

 で、やってみたら、私は胸の辺りが内側に閉じてしまっているので、もっと開くように。という指示が。
 ナタリアの言うとおり開くようにしてみたら、キープがラクになりました。

 この後の、ガルバ・ピンダーサナをやる時も、いつもは腕が上手く通らないのだけど、この日は水をかけたら、スルスルっと両肘ぐらいまで深く入れることが出来た!

 実は、ヨガの時に、腕と足を濡らしてやれば通るならお風呂の湯船に入っている時も出来るのではないかと、密かに練習したりした成果が出たかもしれんね。
 
 でも、ズルっと斜めになった時、うまく解けないと溺れる可能性があるので、あまり練習方法として大きくいえない感じですが。しかも家族に見られたら最悪だしね。
 裸だし(苦笑)。

 まあ、そんなこんなで手も通ったりして。

 でもまだジョンスコットみたいに、物憂げに両手を頬っぺた〜耳に掛けて押さえられないです。まだ途中で手がブラブラして遊んでいる手は、そのうち着くようになるかしら。

 その後転がって斜めになって昆虫になってもがいたりしてみたりしたものの、クックターサナも、今までで一番まともな形になりました。

 小さいone day come達よ・・・。自己満足だけど、嬉しい。

 でも、何より恐怖心を持って出来なかった、スプタ・クールマーサナの形を取れたのが嬉しかったです。

 金曜日、練習に行って良かった。

 ナタリアの英語はまだちゃんと聞き取れていないとこもあるけど、前みたいにやらかしてないし(ほ)。来週も頑張りまする。

 本当は、もっと英語でコミニュケーション取れたら良いんだけど、私のは中学英語程度だし、自分が主体になった話し方じゃないと話せないのです。
 (例えば、「私はこれが出来ません」とか自分の方からは話せるけど、先生が話した事に対する受け答えがアワアワしてしまって出来ないの)

 スタジオの生徒さん達は、皆英語がベラベラに話せたりするのでびっくりしてしまいます。
 ヨガを始めてから英会話を習ったのか、元々勉強されていて話せるのか分からないけど、皆ちゃんと勉強しているのねと、出来る方を尊敬してしまいます。

 英語が出来るみなさん、私にはあなた方がとても眩しい・・・!

 私ももっと勉強して最低限のコミニュケーションぐらいは取れるようになりたいです。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

lecoeurpur のチーズケーキ

lecoeurpur 最近、よしよしさんのブログにも、チーズケーキが紹介されてましたけど、私もチーズケーキは大好きなので、色々食べています。
 最近のヒットはこれlecoeurpurのカラメルマロンチーズケーキです!


 会社に届くようにお取り寄せしていたのがついに来たので部署の女性と食べました。
美味しかった〜〜〜!(これ9月限定発送)

 ヨギニ的には如何なものかと思うけど、私、お取り寄せって好きなんです。
選んでいるのも楽しいし、待っている間楽しみにしている感じも好き。

 うちの会社、というか部門はお菓子好きというかマニアが多く、こぞってお取り寄せしたりしてます。私もそんな方々に味覚を鍛えられ舌が肥えてきてしまい、自分でも頼むようになってしまいました。

 環境的には危険だけど、食べ物が生きる楽しみになっているのは事実。
一時期「もうこの世は終わってしまうの?」ぐらい食べてしまってました。
 やばいね。やばいね。

 今回の、カラメルマロンチーズケーキですが、まず、マロンがチーズケーキに本当に合うのか?と、頼む時にイメージできなかったのですが、食べてみたら栗超ウマ〜〜。秋ですなー。

 しかも栗ぎっしり!ケーキどっしり。周りのタルト部分も美味しかった。
それにワンホールがとても大きく良心的でした。

 これ、楽天限定・9月限定なので、食べてみたい方は急いでね! 

 荻窪にお店があるみたいなので、こっちも行ってみたいな〜。
お茶もしてみたい。
 そうだ!荻窪にヨガに行った時に行ってみるのもいいかもね。
(荻窪はすっかりご無沙汰なんですけども・・)

| | コメント (18) | トラックバック (1)

忙しくなる予感

 来月から部署の人が大幅に減るので、仕事が増える予定になっていて、引継ぎを鬼のように受けまくっています。

 今まで関っていた部分の仕事が増えるんだけど、倍か、時期によってはもっともっと仕事が増えそうで残業の鬼になってしまうかもしれない。

 最近budokonのWSや、ヴィンヤサヨガに行っているものの、アシュタンガ自体はあまり出来ていないので、何となく不安というか落ち着かない感じです。

 そして、今までのようなペースでスタジオで行けないのかもしれないと、ちょっとブルーです。

 何とかやりくりして行きたいものだけど、とりあえず今日も残業確定ぽい。しくしく。

 と、切ない気持ちをここにぶつけてみました。

 ああ。今まではもっと自由にできたんだけどなあ。


・・・

 ってここまで書いてましたが、結局仕事は見て見ぬフリをして、神南プラクティスのレッドに行ってきてしまいました。
 
 何か悶々とした気持ちを抱えたまま行ったので、呼吸をいつもより強くなるように意識してやるようにしました。
 いつもよりも体が重くて、動きづらかったけど、呼吸で少し心と体が浄化されたような気がします。

 また久々のアシュタンガで血の巡りが良くなりすぎたのか?!シャバサナのときは、妙に落ち着かないような気持ちになってしまいました。

 でもやっぱり行ってよかった。何か仕事の引継ぎで疲れていたからヨガをやってスッキリした。

 それに、今日は「よちよちyoginiの日記」のtaniさんに再会できたの!これだけでも今日行ってきて良かった。本気で嬉しかったです。

 でもねー、折角taniさんに再会できたのに、今日もお間抜けな事が勃発。
隣でやってたtaniさんにかっこ悪い姿を露呈。

 そして別にネットで言わなくてもいいのに言いたいこの気持ちは何なんでしょうか。(そして言う私・・・)

 (いつも混んでいるけど)更衣室が混んでいたので、その時、男性の姿が見えなかったので、パンツだけスタジオでサササと穿いたんです。
 
 穿いていたパンツが妙にきつい上に、屈んだ時に、やたらパンツが出るなーと思い、単に太ったんだろうと思い、taniさんに「クレンズ終わったら、太ってしまった」だの「今日もケーキを会社で食べてしまった」だの、「このパンツだと、下着が出てしまうが、Tバックは心もとないよね」だの話していたんですよね。

 そして、どこか違和感は拭えないまま、チャンティングが始まり、クラスに突入。

 そのままスリヤナマスカラBまでやりました。でもやっぱりパンツに違和感。
yogini用なんだけど、ストレッチ素材ではないタイプなので、ちょっと突っ張るような。

 そして、分かったんです。途中で前と後ろを逆に穿いてやっていた事が判明。
膝の部分で、曲げる為に、開いているべき部分が膝裏に来ていて分かったのです。

 そのまま、焦って更衣室に駆け込み、パンツを穿きなおしたのは言うまでもありません。
 
 そうです。スリヤナマスカラ終了後、忽然と消えたのは私です。
周りの人はびびったことでしょう。

 そして、後で、パンツを脱いできたのかと思ったとtaniさんに言われちゃった(笑)
 
 前後ろ逆事件だけでなく、その後のアサナも順番一人で前後してるし、足を開いているべきところ閉じているし、間違えまくり。
 かずみさんに、ジェスチャーで「違うよ!こうだよ!」って何度も示されちゃった。だはは。

 疲れすぎか?記憶力がないのか?ボケすぎか?分からないが。ちょっとヤバ目だったのは確かの模様。

 でもそんなやらかしをしまくっても、皆優しいから神南て大好き。でへ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

budokon(武道魂) WS 参加してきました。

 Budoukon ずっと楽しみにしていた武道魂(budokon)に参加してきました。場所は六本木の麻布区民センター。 どれぐらい大きな規模になるのか分からないけれど、何となくメリディアンよりも区民センターの方が、近くでキャメロンを拝めるんじゃないのかなと思ったのもあって、こちらを選択しました。  生キャメロン、すごく素敵だっていうし、どんな内容になるのか皆目見当がつかないから、ワクワクしてました。  会場入りすると、do yogaさんらしき方が受付してくれました。 ayuraさんも来ると言ってたけど、どのお方だろう?なんてキョロキョロしていたら、キャップを被って座っているキャメロン発見。想像以上に自然体な感じ。  着替えをして、中に入ってマットを取り出していたら、ayuraさんが私を見つけてくれて声をかけてくれました。事前にどんなマットを持っていくか確認しておいて良かったよ。 噂どおり、ayuraさん、足が長くてスラッとした方。にこやかでどこか私の学生時代のお友達に似ているので一方的に親近感いっぱい。  で、ayuraさんの前方が座れそうだったので、座らせてもらうことにした。 マットは自分のと弟の分を持ってきたので、それを並べて敷いて座って待っていました。  そうしたら、颯爽と華やかな方が入ってきたって思っていたら、ayuraさんが、LAの由紀子さんですよって紹介してくれて、「あっ、ほんとだ!由紀子さんだ!」(顔出しされているから分かる)ってキャーーーっと盛り上がってしまいました。感激。心の師と仰いでいる由紀子さん。実物も素敵だ。  最近沢山のヨガブロガーさんと会えてきて、その都度感激しているが、今回は同時に二人とあって喜びと興奮もひとしおである。  で、大体20人ぐらい集まったかな。暫くしてから、お待ちかねのキャメロン様が登場

体のバランスが良いから、遠くだと小さく見える。  「キャメロンって、お茶目で、子供っぽいとこがあるよ」なんていう事を聞いたけど、口を開いたらそのクールの外見とは裏腹に、確かに、とても陽気でご機嫌なキャラの持ち主であった。何となく、アメリカンな感じである。  最初上半身Tシャツを着ていたけど、すぐに脱いでその体を披露し、鼻血が出そうに。すごい体!先日書いたフェチバトンをキャメロンでアップしなおしたいぐらいの完璧な体型でした。・・・私、見過ぎです。  そうだ、肝心のレッスン内容。  武道魂というのは、空手と柔術と、マーシャルアーツとヨガをベースにミックス、キャメロンが創始者として編み出したものです。 レッスンは、その日の生徒のレベルや様子を見て、どんどんアレンジしていくスタイルだそうだ。みんな上手すぎたらどうしよ〜。  その独特な動きを始めるまえに、まず正座をして瞑想。呼吸に集中しながら10分ぐらいそうしていたけど、結構短く感じた。  目を瞑っている間、キャメロンの説明が入る。  人間というのは、子供の頃が一番色んな物事を吸収し成長していく。その後、それぞれのアイディンティティを身に付け、大人になった後は、段々成長が止まってしまう。  子供の頃に戻ったような感覚を持って欲しい、そうすることで成長できる、というような事を言っていた。  その時点で、子供に帰っているつもりの私

 あと、瞑想をする事で、自分の周りの気(プラナ)を取り込んで自分のエネルギーにする事が出来るようになる、というような事も言っていた。  で、まずはヨガ的な動き。ダウンドッグから、腕立て姿勢みたいな体勢、チャトランガへの繰り返しを往復で何度も何度も行う。 チャトランガから上に体を持ち上げる時が、きちー。  で、今度は体を波打たせるように上記の動き。私は背中の上のほうが固いのでこの動きは困難。この時、キャメロンが指導にきてくれて、その時は無理やりやったのだが、やっぱり難しかった。 この動き、皆の前でデモを見せてくれたのだけど、弟は、「な・軟体動物だ・・・」と驚愕。 あとは、ダウンドッグから、ブジャピダーサナに入る前の要領で前方にジャンプ。それからジャンプバッグでチャトランガという動きとかもやった。 この動きでキャメロンに褒められた。きゃっほーい。  それから、ハラーサナで両手を足のほうに持ってきてから、前方に回転、バカーサナ、バカーサナの後もう一度ハラーサナまで後ろに転がっていってというのを何往復かやった。この動きおもろかった。  他にも色々やったんだけど、ヨガっぽいのは大体こんな感じ。  次に、マーシャルアーツ的な動き。ダウンドッグから片足を高くあげて(この時腰は床と平行)足を折り曲げてから前方に斜めに出し、出した足と反対側の腕を斜め後方に持っていってバランス(逆もしかり)というような動きを沢山やった。  床の上を捻って回転しながらバランスという感じ。この動きは文字だと非常に表現しずらいけど、相手に首を絞められたというような非常事態の時もこの動きで抜けられるという説明もあった。  たまたま私の隣のレンタルマットが空いていたので、キャメロンはそこで四つん這いになり、横から覆いかぶさって、首を絞めるように指示します。  何と私はキャメロンに密着しての首絞め係をやらせてもらえたのです。 キャーーーーーーーーー!!!!(皆さんすみません、私で・・たまたま隣だったので・・)  生キャメロンに抱きついている状態のわし。今日はもう死んでも良いと思いました。今日は風呂に入りたくありません。という気持ち。  その後、キャメロンはマーシャルアーツ的な動きでインチキ暴漢役の私をすり抜けていくのでした。  この動き、上手くできたら相当かっこいいなあと思いました。  最後は空手の動き。蹴り、廻し蹴り、等をシュッシュっと息を吐きながらやります。 マーシャルアーツ的なのはわけ分からなかったけど、空手はイメージが染み付いているからやりやすい。  取り合えずインチキ臭いものの、回し蹴りは覚えたので、家で旦那と喧嘩になった時は是非活用したいものです。 きっと今日の私は杉田かおるよりも素晴らしい回し蹴りが出来ているはず。  蹴る瞬間、軸足のかかとを敵に向けるそうです。  家にかえって、旦那に見せたら、「そんなの覚えなくいいから!」って笑われましたけど。  まあそんな感じのレッスンでした。  キャメロンは空手を初めとして、柔術、マーシャルアーツ、ヨガとそれぞれの良いエッセンスを混ぜて作っているのですが、それぞれ、トゥーマッチだと思われる部分は省いているようです。  空手とかヨガとか全然違う種類のものでも、似ている動きのものはあるという事も言っていて、それを楽しんでいるかのようでした。  キャメロンは、始終ご機嫌で、皆を楽しく笑わせていて、私もお腹から笑ったりして楽しかったです。 「すごおおおい!」という日本語も連呼。褒め殺ししつつ、楽しみつつ、笑顔も忘れずにいるキャメロン。 楽しくて明るいオーラが満ち満ちて、みんな笑顔でした。キャメロンは人を楽しませる才能があるなあって思いましたよ。  私は勿論、会場のみんなは皆キャメロンのことを大好きになってしまったようです。  終わった後、皆で集合写真、それぞれが個別でキャメロンと写真撮ったりして過ごしました。  そして・・・・・・・私も最後に写真を一緒に撮ってもらってハグハグしてもらえました

 もう今日は思い残す事ないです。ほんと死んでもいい。死んでもいいです。死んでもいいです。(しつこい)  私の弟もキャメロンに合気道の技をかけて思い残す事はないっていってました。君は何を一番したかったのか。それか?それをしたかったのか? 本人は満足げ。  そうそう、最後の最後で、Rinさんともお話出来ました。 ヨガの先生をされているとかで、明るく快活な感じの爽やかお姉さんという感じでした。是非クラスを受けてみたいものです。  もっとゆっくりしていたかったのだけど、今日の夕方は、一週間香港に行っていた私の旦那さんが帰ってくることになっていたので、早くに失礼しました。  お話出来なかった分、ブログの方でよろしくお願いします。  あー沢山書いちゃった。これから武道魂行かれるかたはもとより、まだ申し込んでいない方! 是非受けるべきですよ。  私、もう一度受けてもいいぐらいです。 cameron

| | コメント (20) | トラックバック (1)

budokon

Cameron 今日は、待ちに待ったbudokon、キャメロンのWSです。合気道3段の弟も興味を示したので、姉弟で行ってくる予定。14時から六本木です。  会場でayuraさんにもお会いできそうなので、楽しみ〜〜。  さっき@yogaさんのサイトで、上のキャメロンのお姿があったので頂いてきました。すごいジャンプ力・・・。通訳の方にジャンプキック!の図だそうです。  ああ、今日の自分、テンションが高いのを感じるわ。戻ってきたらアップします!行って来ます!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ヴィンヤサヨガ 初体験

 今日は、SLOWFLOW(青山)の、ヴィンヤーサヨガを受けに行こうと、「mocoのひとりごと」のmocoさんと約束していました。
 18時10分からの、ユージ先生のクラス。

 実はヴィンヤーサヨガって初めて。
 ヴィンヤーサヨガってヴィンヤサって言うぐらいだからアサナが連続して進んでいくんだろうけど、ハタヨガとどう違うのさ?って悶々としていました。
 
 でもユージ先生って、お茶目でレッスンが分かりやすいと定評があって大人気だそうなので、一度受けてみたかったんだ。mocoさんも大絶賛してたしネ。

 18時10分に間に合うように、速攻で会社出て地下鉄に乗って外苑前を目指していったんだけど、ギリギリになってしまって受付を済ませたのがレッスン始まる4分前。
 アセアセ着替えて、マットとタオルを持って中に入ろうとしたら、もうレッスンが始まっていました。

 入ったら、既にmocoさんがマットの上に座って、隣を空けてくれてた。
うわ〜い!って座ろうとしたら、私の手には、持ってきたバッグが。
 
 そう、SLOWFLOWは先にロッカーに預けてから、レッスンを受けるのでした。神南プラクティスの場合は、教室に更衣室もショップも一緒になっているもんだから、つい勢いづいて転がり込んでしまいましたの図でした。(と神南のせいにしています)

 で、気を取り直してロッカーに預けて焦って戻ってから、ほどなくしてヴィンヤーサヨガが始まりました。

 私は一番前の真ん中の場所でやっていましたが、前のせいか、ユージ先生の顔がよく見える。

 そこでユージ先生をまじまじと見て、「こ、この人、私なんか知ってるかも!」って思った。

 あれれ。

 悶々。悶々。

 チラリ。

あれ〜〜何処で見たっけ。

 悶々・・・・。(思い出さないと、脳がアホになっちゃう)

とヨガをしながら悩んで3分。

・・・・・って、思い出した!

 この人、DKYOGAでやたら上手かった人だ!分かった。

 思い出してきた。いつも頭にハチマキみたいのをして(ここでもそうだけど)、非常にフレンドリーな人だった人。
 フレンドリーだったのに、お話もしたりしたのに、思い出すのに3分も掛かってごめんよ。

 そういえば、終わった後「あ〜〜、やっぱりヨガは何モノにも変えがたいものがあるな〜」なんて事も言っていたな。ああ。

 そういえばその時、ヨガの先生もやっているって言っていた。私は「へええ。先生なんてすごおおい。」って思ったけど、あまり突っ込まなかったから、名前と顔が一致しなかったんだ。

 そうだそうだ。完璧思い出した。

 そう、私はDKYOGAで3回会っていたのだった。あとで確かめなくちゃ。




 ユージ先生のレッスンを実際受けてみて思ったのは、動きの毎に説明してくれるから、とても分かりやすいってこと。
 そして言葉や声質がとても優しい、と思った。すごくマジメだし、この先生本当にヨガが好きなんだなって思った。

 前会ったとき、「アジャストしない派なんだよね」って言っていたのに、やってくれたのも嬉しかったです。

 あと、今まで受けたことの無いタイプの先生だなーって思いました。
なんていうか、ヨガの先生っていうか、面白い体育の先生っていう感じがしました。
 mocoさん曰く、元々ヨガじゃなくてバレエダンサーやっていたそうだし。
(とそこで、白いタイツのユージ先生の妄想)
 
 だからか、説明もいわゆるヨガっぽくなくて
 バンダのことも、「ハイ、おなか、キュキュキュ!」って表現してた。

 あとは、屈伸の時も、「ボキボキボキ〜〜〜!」って言ったり、
 ダウンドッグのときも、「背中は滑り台みたいに〜〜」って言うの。

 おなかキュキュキュ。すげー分かりやすい。ちょっと可愛いし。

 あとは、アシュタンガのイージーバージョンとかも使って、ゆっくりゆっくり呼吸をしながら次の動きに無理なく続けていく感じだから、アシュタンガっぽいって思いました。
 それぞれが何かの動きを彷彿とさせる感じがした。
 ああもしかして、あのことをこう噛み砕いて、説明してるんだなっていうの分かるので、アシュタンギは行くと面白いかも。
 先生自身もアシュタンガやってる人だし。

 一言でいって、すごい楽しかった。アシュタンガ繋がりっぽいってのもあったけど。

 でも、アシュタンガは動きがきっちり決まっているから、その日毎に今日はこうしようとか課題を持ってやって出来る楽しさみたいのがあるけど、

 今日のは「次はどうするんだろう?」ってワクワク感を持ってレッスンを受けられた感じがしたから面白かった。
 無理もしてないし、ジンワリ汗もかいたし、あっという間に終わってしまった。

 アシュタンギにとって、体が痛いとき、激しいのは辛いけど、でもヨガをやりたい時は、ヴィンヤーサヨガっていいかもしれない、って思った。
 
 後で、先生にDKにたまに来てますよね?って聞いたら、やっぱり行っているということでしたよ。やっぱりね!!!

 大正解。

 ユージ先生はDan先生とお友達みたいなので、それでたまに行っているという事でした。
 あ、あとね、動きもやはり、アシュタンガを元にしてるって言ってましたよ。

 またユージ先生のレッスンを受けたい!って思って教室を後にしました。

 レッスンの後は、mocoさんとベルコモンズ内の、コリアンフレンチレストランで食事して帰りました。
 すごく楽しくて、いろんなお話してたんだけど、あっという間に3時間ぐらい経ってしまいました。

 mocoさんは素敵なお姉さんって感じなので、妹モード全開の私。
私は女姉妹が居ないので、お姉さんになってくれないですかね。ほんとに(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヨガは痩せるのか?

 本屋に行くと、女性誌・スポーツ系雑誌において「ヨガできれいに痩せる」特集を組みまくっているけれど、果たして本当にヨガで痩せるのだろうか。

 以前もどこかで書いたような気がするけど、私は体型を何とかしたいという事でヨガを始めたクチで、ティップネスで「パワーヨガ」に触れたのが最初。
 で、3ヶ月やって、半年さぼり、ポツポツ復活してアシュタンガヨガを始めて一年余り。

 痩せたか?というと痩せていない。 
筋肉はついたけど、落ちきっていない脂肪も(かなり!)混在しているのです。

 まあ、締まった事は締まって、パッと見、バランスは前よりは良くなったように思います。
 でも体重はクレンズで減った分を差し引くと、そんなに変わっていないし、筋肉がついたなーと思う割には、体脂肪率も落ちていないという状態。

 「ヨガをすると痩せますか?」と言われても

 「痩せません。締まるけど」としか答えられない感じです。

 あんなに激しい動きを週に何回もやっているのに、変わらないのは食べ物のせいかしら?でも食べ物も前よりは健康に気をつけるようにしてるし、そんなに食べてないし。

 うーん。

 皆さんは痩せたのでしょうか。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

お引越し

 突然ですが、お引越し致しました。

 ドリコムのサーバーの状態の悪さに疲れ果て、今回コメントだけでエラーが続いた事で思い切りました。

 新しい方のブログはまだ慣れないけど、こちらはサクサク動いて快適
 思い切って引越ししてよかった

 今のところ、ドリコムで付けていたブログパーツ等、どうやって入れたらいいものか分からないし、まだリンクの設定もしていないので、なんとなく寂しい気持ちもしないではないですが・・・。

 皆様のリンクも少しづつ、こちらにも載せさせて頂きたいと思っております。
アドレスの変更など、お手間取らせ、恐縮ですが今後共、よろしくお願いします。

旧 のほほんヨガ雑記

| | コメント (18) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年10月 »